【荒漠甘泉】2015/03/16

发表于:2015-03-16 23:12 [只看楼主] [划词开启]

点击查看大图"For our profit." (Heb. 12:10)

“是要我们得益处。”(希伯来书12:10)

……わたしたちの益のため……。 へブル 一二 10




In one of Ralph Connor's books he tells a story of Gwen. Gwen was a wild, wilful lassie and one who had always been accustomed to having her own way. Then one day she met with a terrible accident which crippled her for life. She became very rebellious and in the murmuring state she was visited by the Sky Pilot, as the missionary among the mountaineers was termed.

赖尔夫*康纳写过许多书,他在其中一本书中讲到格温的一个故事。格温是个野蛮任性的少女,她一直惯于随心所欲,为所欲为。有一天,她遇到一件可怕的事故,使她终身残废。她变得更加倔强而难以管束。正当她怨天尤人的时候,山区人称为“天路向导” 的传教士来探望她。

ラルフ・コナーのある作品に、グエンという少女が出てくる物語があります。グエンはわがままなうえとても頑固で、なんでも自分の思い通りにやっていました。ある日、彼女は事故で葦が不自由になってしまいましたが、このため反抗的な性格は一層ひどくなったのでした。ところが、この不満だらけの彼女を地元の宣教師が訪ねてくるようになりました。


He told her the parable of the canyon. "At first there were no canyons, but only the broad, open prairie. One day the Master of the Prairie, walking over his great lawns, where were only grasses, asked the Prairie, 'Where are your flowers?' and the Prairie said, 'Master I have no seeds.'

这个传教士对她讲了峡谷的寓言。他说:最初没有什么峡谷,只有广阔空旷的大草原。有一天,这个大草原的主人在大草原上走过时,看到只有青草而没有别的,就问大草原“你的花在哪里?”大草原回答说:“主人,我没有种子”。

「昔は峡谷などなくて、ただ広大な平原が広がっているだけだったんだ。ある日、主はだだっ広い平原を歩きながら、こう聞かれた。『花はどこに咲いているのかね。』それを聞いた平原は、こう答えた。『ご主人様、わたしは花の種など持っていないのです』」。

"Then he spoke to the birds, and they carried seeds of every kind of flower and strewed them far and wide, and soon the prairie bloomed with crocuses and roses and buffalo beans and the yellow crowfoot and the wild sunflowers and the red lilies all summer long. Then the Master came and was well pleased; but he missed the flowers he loved best of all, and he said to the Prairie: 'Where are the clematis and the columbine, the sweet violets and wind-flowers, and all the ferns and flowering shrubs?'

于是他对一些鸟说了,鸟就带各种花的种子,到处撒播。大草原很快就在整个夏季开出藏红花和玫瑰花,氺豆花和黄色的莨花,野生的向日葵和红色的铃兰花。这时主人来了,看了很欢喜;可是他没有看到他所最喜爱的几种花,因此他对大草原说:“铁线莲和耧斗菜,香紫罗和银莲花,所有的蕨类植物和开花的灌木在哪里?”

「そこで主は鳥たちに命じて、あらゆる種類の花の種を持ってこさせて、くまなく全体に行き渡るように種を蒔かれた。間もなく平原にはクロッカス、バラ、キンポウゲ、野生のヒマワリ、オレンジ色の百合が花を咲かせた。平原にこう尋ねられた。『クレマチス、オダマキ、すみれ、野花、シダ、花の咲く潅木はどこだね』」。


"And again he spoke to the birds, and again they carried all the seeds and scattered them far and wide. But, again, when the Master came he could not find the flowers he loved best of all, and he said:"'Where are those my sweetest flowers?' and the Prairie cried sorrowfully:"'Oh, Master, I cannot keep the flowers, for the winds sweep fiercely, and the sun beats upon my breast, and they wither up and fly away.'

于是他又对一些鸟说了,鸟就带来所有的种子,并到处撒播。可是,他再来时,还找不到他所最喜爱的花就说道:”我最可爱的花在哪里?“大草原就伤心地哭诉道;”哎呦,主人,我无法保存这些花,因为风刮得很猛烈,太阳直晒在我的胸膛上,花都枯萎而被吹走了。“

「そこでもう一度、主は鳥たちに命じて全種類の花の種を持ってこさせ、くまなく平原に蒔かれた。しかし今回も、大好きな花が咲いていないので、主は尋ねられた。「わたしの大好きな花はどこにあるのかね」。平原は悲しそうな声をあげた。「わたしは、その花を守ってやることができないのです。風が激しくわたしの上を吹き抜けます。太陽はわたしの頭上から照りつけます。そのために花たちは、しおれて吹き飛ばされてしまうのです』」。

"Then the Master spoke to the Lightning, and with one swift blow the Lightning cleft the Prairie to the heart. And the Prairie rocked and groaned in agony, and for many a day moaned bitterly over the black, jagged, gaping wound.But the river poured its waters through the cleft, and carried down deep black mould,

于是主人对闪电说了,闪电很快地一击,就劈开大草原的胸膛。大草原极其痛苦地摇晃呻吟,因其豁裂得有缺口的漆黑伤口痛苦地呜咽了好几天。可是河水从缺口涌了进来,带来了深黑色的松软沃土,

「そこで主は雷に命じて、鋭い閃光と共に平原の心臓にまで達する亀裂を入れさせられた。そのため平原は、大きく揺らいで苦しげなうめき声をあげた。その後、何日もの間、平原は深く切り裂かれた傷の痛みを恨んでつぶやいていた。しかし水がその傷口に流れこむと、水とともに豊かな黒い土も運ばれてきた」。



" and once more the birds carried seeds and strewed them in the canyon. And after a long time the rough rocks were decked out with soft mosses and trailing vines, and all the nooks were hung with clematis and columbine, and great elms lifted their huge tops high up into the sunlight, and down about their feet clustered the low cedars and balsams, and everywhere the violets and wind-flower and maiden-hair grew and bloomed, till the canyon became the Master's favorite place for rest and peace and joy."

群鸟再次带来了种子,撒播在峡谷中。过了一段很长的时间以后,表面不平的岩石上张挂起柔软的苔藓和蔓延的葡萄藤,所有的凹角都悬挂下铁线莲和耧斗菜,大榆树的巨大树顶高耸入阳光中,它的底部周围则丛生这矮雪松和凤仙花,到处都是紫罗兰和银莲花,铁线蕨生长起来并开了花,以致峡谷终于成为主人特别喜爱的地方。在那里他可以休息,得到平安和喜乐。

「鳥たちは再び花の種を運び、谷間に蒔いた。それから長い時間を経て、ごつごつした岩肌は柔らかこけとつるとに覆われ、切り立った崖はカーテンがかかったようにクレマチスとオダマキの花で埋め尽くされた。巨大なニレの木は、太陽にまで届くかのように枝を伸ばしていた。その根元には、香りの良いヒマラヤ杉とバルサムモミの木がびっしりと生えていた。すみれ、アネモネ、クジャクシダは至る所に花を咲かせ、その谷間は安らぎと平和、喜びに満ちた主のお気に入りの場所になったんだよ」。



Then the Sky Pilot read to her: "The fruit--I'll read 'flowers'--of the Spirit are love, joy, peace, longsuffering, gentleness--and some of these grow only in the canyon.""Which are the canyon flowers?" asked Gwen softly, and the Pilot answered: "Gentleness, meekness, longsuffering; but though the others, love, joy, peace, bloom in the open, yet never with so rich a bloom and so sweet a perfume as in the canyon."

于是天路向导读给她听:”圣灵所结的果子——我可以独坐“圣灵之花”——就是仁爱、喜乐、和平、忍耐、恩慈、良善、信实、温柔、节制。其中有些花只在峡谷中生长。”哪些是峡谷之花?“格温柔和地问道。天路向导就答道:”恩慈、温柔和忍耐;至于其他的花,仁爱、喜乐、和平、良善、信实和节制虽然都在野处开花,但都没有像在峡谷中所开的花那样芳香悦目。“

そして宣教師は、グエンにこう言いました。「『御霊の実(あるいは花)は、愛、喜び、平和、寛容、……善意、柔和』(がラテや五 22~23)で、この中には谷間でしか育たないものもあるんだよ」。穏やかな口調でグエンは尋ねました。「どれが谷間で育つ花なの?」「寛容と善意と柔和だよ。愛と喜びと平和の花は平原でも咲くけれど、谷間で育った花と比べると美しさも香りも劣っているんだよ」。


For a long time Gwen lay quite still, and then said wistfully, while her lips trembled: "There are no flowers in my canyon, but only ragged rocks.""Some day they will bloom, Gwen dear; the Master will find them, and we, too, shall see them."

格温一动也不动地躺了好久,然后嘴唇发抖,若有所思地说:”我的峡谷里没有花,有凸凹不平的岩石。“”亲爱的格温,总有一天它们会开出花来,主会发现这些花,我们也会看见这些花。“

グエンは、しばらくなにも言いませんでした。やがて唇を震わせながら「わたしの谷間には花など一本も咲いていない。あるのはただごつごつした岩だけ」と言いました。宣教師はやさしく答えました。「グエン、いずれ咲く日が来るよ。主が見つけて下さる。わたしたちの目にも見える日が来るよ」。



Beloved, when you come to your canyon, remember!

亲爱的,当你来到你的峡谷时,记住这句话!

愛するみなさん、谷間にさしかかったときには、このことを思い出してください。


最后编辑于:2017-03-16 18:28

本帖来源社刊

分类: 山涧驿站

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团