2013.12.10 《初声》-银蛋-日本におけるアパレル産業の成立史

发表于:2013-12-09 19:47 [只看楼主] [划词开启]

2013.12.10                                         朝読み

日本におけるアパレル産業の成立史 第一節 はじめに

 

日本の伝統的な服装は和服であるが、現在、一般的に広く使われているのは洋服の既製服である。日本で洋服が用いられるようになったのは、明治維新前後ということは正確なる文献にたよるまでもなく肯定のできることがらである。しかし、戦前の日本において、洋服を用いる人は高額所得者の一部に過ぎなかった。日本人が洋服を広く受け入れ、既製服を大量生産及び大量販売し、アパレルが産業として成立したのは第二次世界大戦後のことである。本章は戦後のアパレル産業の成立史を中心に考察する。

 第二次世界大戦以降のアパレル産業の成立時期に関する見解は幾つかある。アパレル産業の成立時期に関する先行研究として、ここでは6件を取り上げる。

1上田[1978]は「昭和40年代初めにようやく産業として形成されてきた」とする

2繊維産業構造改善事業協会[1996]は「1960年代になって既製服が市民権を得るようになり、この時期に日本でアパレル産業が産業として確立したのである」とする

3橘川・高岡[1997]は「戦後復興期に衣料の洋風化が進行した結果、1950年代半ばには、日本の洋服購入数量・購入金額は和服購入数量・購入金額を上回るようになった・・・洋服の既製服化は、戦後復興期の後半から本格的に始まった」とする

4鍛島[2006]は「既製服消費の社会経済的背景の変容、アパレルメーカーの商品開発の努力などによって、ほぼ1970年頃までに日本のアパレル産業は成立したと結論づけられる」とする

5木下[2009]は「日本のアパレル産業は、1960年代に産業としての基盤を形成し、1970年代前半期までに確立した。この時期にアパレルの大量生産・大量販売体制が確立し、全国市場が成立し、消費者側から見た衣服既製服化ができあがった」とする

6伊藤[2011]は「1970年代の初め頃、繊維産業の衣料分野はアパレル産業と呼ばれるようになった。その理由は衣服がオーダー、イージーオーダーから既製服に移動してきたことと衣服の需要が量的な充足から質的な段階に移行してきたことである」とする。

同学们!!!这是银蛋自己写的修士论文的第一章第一节!!!大家来读读看!!!!可以学到很多东西!!学日语不是只用来看漫画的哦!!!

答题区

1、明天会有几个人来早早读!!??
  • 成绩排行
  • 最新参加
3人回答了问题 | 平均正确率0%
最后编辑于:2015-04-20 22:47

本帖来源社刊

分类: 学习

标签: 早读时光

全部回复 (44) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 听说写译
  • 基础课程
  • 口语课程
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团