2014.01.01 《初声》-熊貓-<白熊カフェ>第一集熊猫面试

熊貓 (熊貓) 路人甲
413 11 1
发表于:2014-01-02 13:21 [只看楼主] [划词开启]

マツモトキヨシ

東京の渋谷、池袋などでひときわ目立つ黄色の看板。女子高生や OL でいつもにぎわっているドラッグストアのマツモトキヨシだ。化粧品や健康食品、医薬品などをあつかっている。女子高生は、同じ値段なら、マツモトキヨシへ行くという.その理由は、まず扉がないという解放感、照明が明るいこと、店員がうるさく話しかけてこないという入りやすさだ。

 

 渋谷(しぶや)池袋(いけぶくろ) 化粧品(けしょうひん) 医薬品(いやくひん)扉(とびら)解放感(かいほうかん)照明(しょうめい)

 

翻訳:


在东京的涩谷、池袋等地有个显眼的黄色招牌,这是松本清杂货店,女高中生和

年轻女职员是这儿的常客。店中经销化妆品、保健食品和药店、药用器材等。据

说如果是同样价格,女高中生去松本清。理由是没有门那种解放感,店堂灯光明

亮,售货员不会用废话搭讪,这使得顾客进店方便。


“花といえば桜”と言われるように、特に桜の花は古くから日本人で愛されてきた。平安時代(794-1191)には桜を題材とした歌が作られ、歌集などに数多く残っている。寒い冬が終わると、やがて暖かい春がやってくる。空気が和らぐこの時期、冬の間枝ばかりだった桜の木は、一つ二つと花をつけ、数日のうちに満開を迎える。人々は、その様子に命の再生の喜びを感じてきた。


歌集(かしゅう) 枝(えだ)


翻訳:


樱花从古代就受到日本人的喜爱,说到“花”也就意味着樱花。在平安时代,日

本人就创作了大量以“樱花”为题材的诗歌,保存在许多歌集里。冬去春来,当

和煦的春风吹拂大地时,树叶凋零的樱花树上,绽放出一个一个的花蕾,很快又

迎来了它盛开的季节。人们从樱花的盛开中感到生命复苏的喜悦。



 

 

白熊: それだけ?

ペンギン: みたいだね

白熊: 最後の方、どうぞ

パンダ: はい、パンダと申します、よろしくです

ペンギン: やっとまともな人が来たね

白熊: パンダ君、何か得意なことはありますか

パンダ: はい、ごろごろしながら笹を食べることです

ペンギン: あれ?

白熊: えーと、条件に希望はありますか

パンダ: 週二日希望です

白熊: うん、週二日ですか

パンダ: え!週一日でいいですか

白熊: いや、せめて週四日くらい

パンダ: そんなの無理です

     あ、けど

     呼びに来てくれたら、すぐ行きます

白熊: 僕が呼びに行くんですか

パンダ: あ、そんなそんな

     遅刻した場合だけですよ

ペンギン: 遅刻する気満々だね

白熊: ちなみに、やる気はありますか

パンダ: そんなにありません

白熊: 発表します、全員不合格

全員: えぇ~~~



最后编辑于:2015-04-20 22:57

本帖来源社刊

分类: 学习

标签: 早读时光

全部回复 (11) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 听说写译
  • 基础课程
  • 口语课程
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团