2014.01.21 《初声》-银蛋-残念な人の思考法⑦

发表于:2014-01-20 22:18 [只看楼主] [划词开启]

残念な人の思考法⑦

仕事の成果=プライオリティ(の正しさ)×能力×やる気

 これまで述べて来た、「前提条件」や「考え方」、あるいは「価値」はすべてプライオリティという言葉で置き換えることができる。どのような仕事をするにも、結果を左右するのは、プライオリティ付けの「成否」と「適否」である。

 プライオリティの「成否」とは、状況にかかわらず、そのときの選択が常に正しいか間違っているか明確性を測るものである。たとえば、仕事においては他人へのお願いを先にして個人の仕事は後にする、料理のときには湯を沸かしている間に材料を切る、などいわゆる「段取り」のことである。

 一方、プライオリティの「適否」とは、そのときの状況にマッチしているかどうかであり、それは相対的に変化するものである。経営においては財務状況によって、キャッシュフローが最重要な場面がある。市場の環境や事業の成熟度によっては赤字が当然の時期もある。どれほど仕事人間であっても、病気のときは健康を取り戻すことが最優先である。

 正しいプライオリティ付けでモノゴトを進めれば、効率的である。適切なプライオリティ付けでモノゴトを進めれば、その状況においてベストな結果が出る。

 つまり残念な人とは、プライオリティ付けの「成否」「適否」を考えない人、あるいは見誤る人のことなのである。この点を改善すれば能力を十分に発揮できるようになる。

 仕事で成功するため、仕事とサブセットにおいて、どのようにプライオリティを付けていけばよいか。そのヒントを、本書の中で考えて行きたい。

 人生は下りのエスカレーターを逆走しているようなものだ、と考えることがある。ただ立っているだけではどんどん下に行ってします。普通に歩いてやっと現状維持だ。

 しかし、二階に駆け上がると違った世界が見えてくる。それは上がってみないとわからない。そこで何を見たいか、エスカレーターはどれくらい長いか、それは人それぞれである。

 自分なりの二階に上がるために、本書が少しでも手助けになればと願う。

 

答题区

1、选a
  • 成绩排行
  • 最新参加
3人回答了问题 | 平均正确率33%
最后编辑于:2015-04-20 23:02

本帖来源社刊

分类: 学习

标签: 早读时光

全部回复 (36) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 听说写译
  • 基础课程
  • 口语课程
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团