2014.01.24 《初声》-银蛋-残念な人の思考法⑧

发表于:2014-01-23 20:17 [只看楼主] [划词开启]

残念な人の思考法⑧

「ボタンを押すとエンジンがかかる」のが本当によいのか

 ここ一、二年の間に発売されている車を見ていると、ボタンを押すとエンジンがかかる仕掛けのものが増えてきている。リモコンキーをポケットに入れたまま、ブレーキを踏みながらハンドルの横についているボタンを長押しすると、それでエンジンがかかる。

 従来、車のエンジンをかけるイメージといえば、キーをシリンダーに差し込み、ぐるっと回すと「ブルルン」と音がし始める、というものだった。私にとって、キーを差し込んで回すという行為には、車に対して自分の意思を伝えるというような感覚があったが、ボタン式にはそうした「手触り感」がすっかり失われ、スイッチを機械的に押しているだけの味気なさを感じていしまう。

 人々の利便性に対する欲求と、それに応えようとする技術者の献身により、ありとあらゆるところで「ボタン化」が行われており、このような例はほかにも数え切れないほどある。

 ラジオのチューニングは微妙にダイヤルを合わせていた時代から一発選局へ、炊飯はガスで微妙に火加減を調節していた時代から、ボタンひとつで炊き加減まで調節できる、といった具合だ。車のエンジンも、あと10年もするとボタンを押してかけるのが常識になっているかもしれない。

 便利になることは素晴らしいが、その過程でそぎ落とされるプロセスや、ある種の感覚が我々の中から失われていくこともまた事実である。

 たとえば、一九八五年以前に生まれた人には、十代の頃に異性の自宅に電話した経験があるはずだ。当時、携帯電話は一般家庭にはほとんどなく、一家がみんなで使う自宅電話にかけるものであった。ダイヤルを回しながら「本人が出てくれないかな」「母親が出たらこう言おう」「万が一父親が出たらどうしよう」などと考えながら呼び出し音を聞く、というあれである。

 一方、一九八五年以降に生まれた人たちが中高生になった頃は、携帯電話を一人一台持っているケースが多く、ほとんどの場合相手に直接電話がつながる状況にある。

 どちらがいいとは言えないが、「親経由」電話世代が経験した、何とも表現しがたい緊張体験から得られたものは確実にあったはずである。携帯世代はその貴重なチャンスを失っていると見ることもできる。

 とはいえ、便利になったおかげで余剰時間が増え、別の経験が得られるということもある。日常生活の場においてはこの議論は単なる回顧主義、よくある「昔はよかった」で片付けてよい問題なのかもしれない。

 しかし、企業活動においては無視できない面がある。なぜならこれから述べる問題が今、そこかしこで起こっているからだ。

答题区

1、今天发福利,选a
  • 成绩排行
  • 最新参加
2人回答了问题 | 平均正确率100%
最后编辑于:2015-04-20 23:02

本帖来源社刊

分类: 学习

标签: 早读时光

全部回复 (53) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 听说写译
  • 基础课程
  • 口语课程
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团