☀初声早早读☀265ちはやふるその6♪笑桑

mitikoko (●ω●初声日语φ 笑桑) 见习巫师
511 47 0
发表于:2014-05-21 08:30 [只看楼主] [划词开启]


おはようございます!遅くなってすみませんでした~


前編:小倉百人一首その6




かささぎの 渡せる橋に おく霜の

白きを見れば 夜ぞふけにける

 

                   中納言家持 ちゅうなごんやかもち

 



主題 幻想的な冬の夜ふけ             「新古今集」 

歌意 かささぎがかけ渡したという伝説の橋にもたとえられる、宮中の御階(おはし)におりている霜が真っ白であるのを見ると、夜ももうふけてしまったのだなあ。


解説 七夕の夜、かささぎが天の川に翼を広げて橋となり、織女星と牽牛星が逢うという伝説をふまえた表現。凍てつくような冬の星空を想像させる。

 

作者 大伴(おおともの)家持。 『万葉集』第四期の歌人。『万葉集』の編集に中心的な役割を果たしたと考えられている。





後編:日本の昔話--少女キツネ

むかしむかし、仁和寺(にんなじ)の東にある高陽川(こうようがわ)のほとりに、夕暮れ時になると可愛い少女に化けたキツネが現われて、馬で京に向かう人に声をかけるという噂がたちました。
「どうぞ、私をお連れ下さいませ」
 そう言って馬に乗せてもらうのですが、すぐに姿を消して乗せてもらった人をびっくりさせると言うのです。

 ある日、一人の若者が馬でその場所を通りかかりました。
 そこへいつもの様に少女ギツネが現われて、若者に声をかけました。
「そこのお馬の人。私をあなたさまの後ろへ、乗せてはいただけませんでしょうか?」
「ああっ、いいですよ」
 若者はこころよく引き受けると、その少女を自分の馬に乗せてあげました。
 そして何と、すでに用意していたひもを取り出すと、その少女を馬の鞍(くら)にしばりつけてしまったのです。
「これで逃げられまい」
 実はこの若者、その少女がキツネだという事を仲間から聞いて知っていたのです。
 そしてそのいたずらギツネを捕まえようと、ここにやって来たのでした。

 少女ギツネを捕まえた若者は、仲間の待つ土御門(つちみかどもん)へと急ぎました。
 若者の仲間は、たき火を囲んで待っていました。
「おお、約束通りキツネを捕まえてきたぞ。逃げられないように、みんなで取り囲んでくれ」
 仲間たちが周りを取り囲んだのを見ると、若者は少女ギツネをしばっているひもを解いて放してやりました。
 しかしそのとたん、キツネも仲間のみんなも、すーっと消えてしまったのです。
「なに! ・・・しまった! あの仲間は本物ではなく、キツネが化けた物だったのか!」
 若者はじだんだをふんでくやしがりましたが、でも数日後、再び少女ギツネを捕まえたのです。
 若者は、キツネに化かされないためのおまじないにまゆ毛につばをつけると、注意しながら本当の仲間の所へ行きました。
 そして仲間と一緒に、さんざん少女ギツネをこらしめてから放してやりました。

 それからしばらくたって、若者はその少女ギツネの事が妙に気にかかり、高陽川(こうようがわ)のほとりまで様子を見に行きました。
 するとやはり、あの少女ギツネが現われました。
 でも着物は薄汚れていて、顔色もよくありません。
 若者は、少女ギツネにやさしく声をかけました。
「この前は、少しやりすぎたようだ。今日は何もしないから、京まで乗せていってやろう」
 すると少女ギツネは、悲しそうな目で若者を見ると、
「どんなに乗せてもらいたくても、またこの前の様に、こらしめられるのは怖いから、いやや」
と、言って姿を消して、二度と現われる事はなかったそうです。

おしまい












答题区

1、告白の日はどうでしたか?
  • 成绩排行
  • 最新参加
2人回答了问题 | 平均正确率50%
最后编辑于:2016-05-01 21:51

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 早读时光

全部回复 (47) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团