☀初声早早读☀<274>ちはやふるその7♪笑桑

mitikoko (●ω●初声日语φ 笑桑) 见习巫师
230 31 0
发表于:2014-06-04 06:30 [只看楼主] [划词开启]


皆さん、おはようございます!2週間ぶりですね!またよろしくね!


前編:小倉百人一首その7








天の原 ふりさけ見れば 春日なる

三笠の山に 出でし月かも

            阿倍仲麿(あべのなかまろ)

 

 

主題 月に託す望郷の思い            「古今集」 

歌意 大空を仰ぎ見ると、月が美しく照り輝いている。あの月は、故国の春日にある三笠山に出ていた月なのだなあ。


解説 仲麿が遣唐留学生として約三十年間を中国で過ごし、いよいよ帰国することになって、中国の人々が送別の宴を催(もよお)してくれた時の作である。

 

作者 唐では、李白・王維らとも親交があった。阿倍仲麻呂とも書く。





後編:日本の昔話--テングの隠れみの




ちょっと長かったので、二つに分けています!挑戦してみてくださいね。


パート1


 むかしむかし、彦一(ひこいち)と言う、とてもかしこい子どもがいました。
 小さい頃から頭が良くて、ずいぶんととんちがきくのですが、大が付くほどの酒好きです。
 何しろ彦一の夢は、毎日たらふく酒を飲むことです。
「酒が飲みてえな。何か、うまい知恵はないだろうか?」
 考えているうちに、ふと、それをかぶると姿が消えるという、テングの隠れみのの事を思い出しました。
 テングは村はずれの丘に、時々やって来るといいます。
「よし、テングの隠れみのを手に入れて、酒をたらふく飲んでやろう」
 彦一はさっそく、ごはんを炊くときに使う火吹き竹(ひふきだけ)を持って、丘に来ました。
「やあ、こいつはええながめだ。
 大阪や京都が、手に取るように見える。
 見えるぞ」
 そう言いながら、火吹き竹を望遠鏡(ぼうえんきょう)のようにのぞいていると、松の木のそばから声がしました。
「彦一、彦一。
 のぞいているのは、かまどの下の火を吹きおこす、ただの火吹き竹じゃろうが」
 声はしますが、目には見えません。
 テングが、近くにいるのです。
「いいや、これは火吹き竹に似た、干里鏡(せんりきょう)じゃ。
 遠くの物が近くに見える、宝じゃ。
 ・・・おお、京の都の美しい姫がやってきなさったぞ。
 牛に引かせた車に、乗っておるわ」
「京の都の姫だと?
 彦一、ちょっとで良いから、わしにものぞかせてくれんか?」
 テングは、彦一のそばに来たようすです。
「だめだめ。
 この千里鏡は、家の宝物。
 持って逃げられては、大変じゃ」
 そのとたん、目の前に大きなテングが姿を現しました。
「大丈夫、逃げたりはせん。
 だけどそんなに心配なら、そのあいだ、わしの隠れみのをあずけておこう」
「うーん、それじゃ、ちょっとだけだぞ」
 彦一はすばやく隠れみのを身につけると、さっと姿を消しました。
 テングは火吹き竹を目にあててみましたが、中はまっ暗で何もうつりません。
「彦一め、だましたな!」
と、気がついたときには、彦一の姿は影も形もありませんでした。

 隠れみのに身を包んだ彦一は、さっそく居酒屋(いざかや→お酒を出す料理屋)にやって来ると、お客の横に腰をかけて徳利(とっくり→お酒の入れ物)のままグビグビとお酒を飲み始めました。
 それを見たお客は、ビックリして目を白黒させます。
「とっ、徳利が、ひとりでに浮き上がったぞ!」


パート2

 さて、たらふく飲んだ彦一は、ふらつく足で家に帰りました。
「うぃー。これは、便利な物を手に入れたわ。・・・ひっく」
 隠れみのさえあれば、いつでもどこでも好きな酒を飲む事ができます。

 次の朝。
 今日も、ただ酒を飲みに行こうと飛び起きた彦一は、大事にしまいこんだ隠れみのがどこにもない事に気がつきました。
「おーい、おっかあ。
 つづら(→衣服を入れるカゴ)の中にしまい込んだ、みのを知らんか?」
「ああ、あの汚いみのなら、かまどで燃やしたよ」
「な、なんだと!」
 のぞきこんでみると、みのはすっかり燃えつきています。
「あーぁ、なんて事だ。毎日、酒が飲めると思ったのに・・・」
 彦一はぶつくさいいながら灰をかき集めてみると、灰のついた手の指が見えなくなりました。
「ははーん。どうやら隠れみのの効き目は、灰になってもあるらしい」
 体にぬってみると、灰をぬったところが透明になります。
「よし、これで大丈夫だ。さっそく酒を飲みに行こう」
 町へ出かけた彦一は、さっそくお客のそばにすわると徳利の酒を横取りしました。
 それを見たお客は、
「わっ!」
と、悲鳴をあげました。
「み、みっ、見ろ。めっ、目玉が、わしの酒を飲んでいる!」
 隠れみのの灰を全身にぬったつもりでしたが、目玉にだけはぬっていなかったのです。
「化け物め、これをくらえ!」
 お客はそばにあった水を、彦一にかけました。
 バシャン!
 すると、どうでしょう。
 体にぬった灰がみるみる落ちて、裸の彦一が姿を現したのです。
「あっ! てめえは、彦一だな! こいつめ、ぶんなぐってやる!」
「わっ、悪かった、許してくれー!」
 彦一はそういって、素っ裸のまま逃げ帰ったという事です。

おしまい

 

この昔話の訳文がほしいなら、こちらへどうぞ。


自分が訳したもので、間違ったところもあると思いますが、まあ、ご参考まで。

訳文サイト(クリック)














答题区

1、こどもの日は楽しかったか?
  • 成绩排行
  • 最新参加
2人回答了问题 | 平均正确率100%
最后编辑于:2016-05-01 21:51

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 早读时光

全部回复 (31) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团