☀初声早早读☀<292>ちはやふるその10♪笑桑

mitikoko (●ω●初声日语φ 笑桑) 见习巫师
256 20 0
发表于:2014-06-24 09:00 [只看楼主] [划词开启]


皆さん、おはようございます!ご機嫌はいかがですか?楽しく毎日を過ごせるように!


前編:小倉百人一首その10




上の句:これやこの 行くも帰るも 別れては
下の句:  知るも知らぬも 逢坂の関
 
                蝉丸(せみまる)



主題 逢坂のにまつわる思い         「後撰集」

歌意 これがまあ、東国へ行く人も、都へ帰る人も、互いに知っている人も、知らない人も、ここで別れてまた逢うという、その名のとおりの逢坂の関なのだなあ。


解説 「行くもー帰るも」「知るもー知らぬも」「別れるー逢ふ」の三組が対句仕立てとなっている、

 

作者 伝未詳。九世紀後半、六歌仙時代の人か。盲目の琵琶の名手といわれる。


点击查看大图単語説明

【これやこの】
 「これがあの噂に聞くあの」というほどの意味です。「や」は詠嘆の間投助詞です。この句は「逢坂の関」にかかります。

【行くも帰るも】
  「行く」「帰る」とも連体形なので、「行く人」「帰る人」の意味です。さらにこの場合は、京都から出て行く人と帰ってくる人を意味しています。
 
【別れては】
 「ては」は、動作などについての反復(繰り返し)を意味していますので、「別れてはまた逢うを繰り返す」という意味です。
 
【知るも知らぬも】
 これも連体形で、知人も見知らぬ人も、という意味になります。
 
【逢坂の関】
 逢坂の関は、現在の山城国(現在の京都府)と近江国(滋賀県)の境にあった関所で、この関の東側が東国だとされていました。実は関所は比較的昔になくなったのですが、歌枕としては有名でよく歌に詠まれています。「逢坂」は「逢ふ」の掛詞。

この歌は、恋愛や風景描写の多い百人一首の中で、かなり特殊な歌といえます。知っている人も知らない人も、出て行く人も帰ってくる人も、別れてはまた逢い、逢ってはまた別れるという逢坂の関。
  
「行くも帰るも」「知るも知らぬも」「別れては…逢坂の」と対になる表現を3つも盛り込んだ戯歌(ざれうた)に近い歌なのですが、この逢坂の関はある意味人生のようで、深い趣のある歌だといえるでしょう。
 
昔の歌人たちは、仏教の「会者定離(えしゃじょうり)」をこの歌に感じました。会えば必ず別れがあり、別れてはまた出会いがある、というような無常感をここに見たのです。



後編:

日本の昔話ーーサルカニ合戦





 むかしむかし、カキの種(たね)をひろったサルが、おいしそうなおにぎりを持ったカニに、ばったりと出会いました。
 サルはカニのおにぎりが欲しくなり、カニにずるい事を言いました。
「このカキの種をまけば、毎年おいしいカキの実がなるよ。どうだい、おにぎりと交換してあげようか?」
「うん、ありがとう」
 カニは大喜びで家に帰り、さっそくカキの種をまきました。
 そして、せっせと水をやりながら、
♪早く芽を出せ、カキの種
♪早く芽を出せ、カキの種
♪出さねばはさみで、ほじくるぞ
 すると、どうでしょう。
 さっきまいたカキの種から芽が出てきて、ぐんぐん大きくなりました。
♪早く実がなれ、カキの木よ
♪早く実がなれ、カキの木よ
♪ならねばはさみで、ちょん切るぞ
 こんどはカキの木に、たくさんのカキが実りました。
「よし、これでカキが食べられるぞ」
と、カニはカキの実を取りに行こうとしましたが、カニは木登りが出来ません。
「どうしよう?」
 困っていると、さっきのサルがやって来て言いました。
「ありゃ、もうカキが実ったのか。よしよし、おいらが代わりにとってやろう」
 サルはスルスルと木に登ると、自分だけ赤いカキの実を食べ始めました。
「ずるいよサルさん、わたしにもカキを下さい」




「うるさい、これでもくらえ!」
 サルはカニに、まだ青くて固いカキの実をぶつけました。
 「いたい、いたい、サルさんずるい」
 大けがをしたカニは、泣きながら家に帰りました。
 そしてお見舞いに来た友だちの臼(うす→もちをつくる道具)とハチとクリに、その事を話しました。
 話しを聞いたみんなは、カンカンに怒りました。
「ようし、みんなであのサルをこらしめてやろう」
 みんなはさっそくサルの家に行き、こっそりかくれてサルの帰りを待ちました。
「おお、さむい、さむい」
 ふるえながら帰ってきたサルがいろりにあたろうとしたとたん、いろりにかくれていたクリがパチーンとはじけて、サルのお尻にぶつかりました。
「あちちちっ、水だ、水」
 お尻を冷やそうと水がめのところへ来ると、水がめにかくれていたハチにチクチクと刺されました。
「いたいっ、いたいよう、たすけてぇー!」
 たまらず外へ逃げ出すと、屋根の上から大きな臼が落ちてきました。
 ドスーン!
「わぁー、ごめんなさーい、もう意地悪はしないから、ゆるしてくださーい!」
 それから改心(かいしん)したサルは、みんなと仲良くなりました。

おしまい














答题区

1、今日の昔話の主人公は誰でしょう?
  • 成绩排行
  • 最新参加
2人回答了问题 | 平均正确率100%
最后编辑于:2016-05-01 21:51

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 早读时光

全部回复 (20) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团