☀初声早早读☀<303> 萤火之森-1 ♪ R

北枝的莴苣 (R)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
地狱大巫师
309 42 1
发表于:2014-07-04 13:31 [只看楼主] [划词开启]
 

 

一緒に勉強しましょう!

2014.07.05  (土曜日)   630——730

 



Part  1   短文



声音:坂本真绫

 


これからのことを考えながら、

いつの間にか寝ってしまった時

壊れないと思ってたものが

あっけなく壊れちゃった時

わざと悪いことをしたい時

夕焼けが胸に入った時

君は僕なんだ

僕は君なんだ

 

 

Part  2   【蛍火の杜へ】片段

 



声音:

银——内山昂辉

蛍——佐仓绫音

 

银:それが新しい制服?

蛍:うん。

银:あっという間()だな、もう高校生か。

蛍:そうなの

银:最近はもう飛びついて来ないな

蛍:当たり前でしょう、あれだけごすごす殴(なぐ)っておいて。

楽しみだな。後3年して卒業したら、こっちの方で就職(しゅうしょく)を探すつもりなの。そしたら、もっと一緒にいられるわ。秋も、冬も、春も。ずっと,ね!

银:蛍、俺のこと、話すよ。

俺は妖怪ではない、けれど、もはや人でもない、人の子だったらしいけど、赤ん坊の頃、この森に捨(す)てられたんだ。捨てられたばかりの俺は、手が付けられないほど泣いてらしい、まるで、捨てて行った親を呼び続けるように、いつまでも泣き止めなかったそうだ。本来その時、命を終(お)えていたはずだったけれど、山神様が憐(あわ)れんで、妖術(ようじゅつ)で行かし続けてくれている。それに甘えて、いつまでも成仏(じょうぶつ)しようとしない、幽霊のようなものなんだ。蛍、忘れてしまっていいんだよ、妖術で貯(た)まられている体は、とても脆い(もろい)。本物の人の肌に触れると、術が解(と)けて消えてしまう。そんなあやふやなもの、君がいつまでも……

蛍:触れると消えてしまうなんて、まるで雪のようね。私ね、银、冬の間も、银のことを考えていた、秋も、春も。银、忘れないでね、あたしのこと、忘れないで。時間がいつか、私たちを分かつでしょう。けれど、それでも、その時まで、一緒にいようよ。

 

蛍:妖怪祭り?

银:違う、妖怪たちの夏祭り。

蛍:大差(たいさ)ないじゃない。

银:ニュアンスが全然違うだろう。

蛍:ニュアンス?

银:蛍はまだ小さくて、怖がるかと思って誘えなかったけど、今夜、家を抜け出してくれるか、ずっと一緒に行きたいと思っていたんだ。

蛍:い、行きたいです。

银:では、8時、いつものところで。

蛍:でも、妖怪ばかりの祭りで、ちょっと怖いかな、しかも夜だし。

银:大丈夫、見かけは人の祭りと変わらない、人の祭りを真似(まね)した游ぶ祭りだし、蛍は俺が守るよ

蛍:そういうこと言われると、飛び付きたくなってしまう。

银:飛び付けばいい。

蛍:へ?

银:本望(ほんもう)だ。

 

单词

もはや                    1  (事到如今)已经;再快也……已经……

憐れむ(あわれむ)   3   ;怜悯;怜惜;怜爱

妖術(ようじゅつ)       妖术;魔法

貯まる(たまる)       3   积存,积攒

脆い(もろい)          2   脆,易坏;脆弱,不坚强,多愁善感;没有耐力,没有持久力

分かつ(わかつ)       2   分,分开,隔开;分辨,辨别    是非を分かつ。分辨是非

大差(たいさ)          1   显著的不同,很大的差别

ニュアンス            2  (神韵,色调,音调,意义,感情等的)微妙差异

真似(まね)             0   学,仿效,模仿,效法,装;举止,动作。

本望(ほんもう)   0/1   夙愿,宿愿,本来的愿望;满意,满足。本望を遂げる。得偿夙愿

 

 

JLPT、頑張ってね!

また来週!

 

 

 

【参考译文】

Part  1   短文(坂本真绫)

想着今后的事,

不知不觉就陷入沉睡的时候,

自己认为永不消逝的东西

不知何时就悄然破碎的时候

故意使坏的时候

晚霞印刻在胸口的时候

你就是我

我就是你

 

Part  2   【蛍火の杜へ】片段

银:这是新的校服?

蛍:嗯

银:时间过得真快啊,转眼你都已经是高中生了

蛍:是啊

银:你最近倒是不怎么朝我扑过来了啊

蛍:那是当然了,之前被修理成那样

银:好期待啊,再有3年毕业以后,我打算在这边找工作,那样的话,就能有更多时间在一起了。秋天,冬天,春天,一直在一起,对吧!

银:阿萤,我跟你讲讲我的事吧

我不是妖怪,但是,也已经不是人类了。虽然我好像曾经是人类的孩子,但是在我还是婴儿的时候,就被遗弃在这个森林里了。据说刚被遗弃的我,只会一直拼命的哭泣不停,就好像一直在呼唤抛弃我的父母一样,似乎永远在哭个不停。本来那个时候,我的生命就该结束了,是山神大人可怜我,用妖术让我继续活下来。也正因为这样,我便到如今也不能成佛,就好像幽灵一样的存在。萤,忘了我也没关系,用妖术维持的这个身体太过脆弱,一旦跟真正的人类肌肤接触,妖术就会被化解,我也就消失了。我的存在如此虚幻,你到何时才能……

蛍:一碰就会消失什么的,简直跟雪一样。我跟你讲啊,阿银,我在冬天的时候一直想着你的事情,秋天也是,春天也是。阿银,不能忘记我啊,不能忘记啊。时间总有一天会把我们分开的吧,但是即使如此,在那个时刻到来之前,就让我们一直在一起吧。

蛍:妖怪祭祀?

银:不是,是妖怪们的夏日庆典。

蛍:这不是一样么

银:语感上完全不一样吧

蛍:语感?

银:阿萤小的时候,觉得你会害怕,所以一直没叫你来,今晚,要不要溜出来玩?我一直很想跟你一起去

蛍:我,我要去

银:那么,8点钟,在老地方见

蛍:不过,全都是妖怪的庆典,会觉得有点害怕呢!而且还是在晚上。

银:没事儿的,看上去和人类的庆典没什么两样,本来就是模仿人类的庆典而已。我,会保护阿萤的

蛍:你这么说的话,我会很想扑过去哦

银:那就扑过来吧,

蛍:啊?

银:正合我意。

答题区

1、蛍
  • 成绩排行
  • 最新参加
4人回答了问题 | 平均正确率100%
最后编辑于:2016-05-01 21:51

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 早读时光

全部回复 (42) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团