☀初声早早读☀<445>万叶恋歌椿之章(第7、8章) ♪molly

molly_wlm (molly笑笑) 地狱小巫师
135 19 1
发表于:2015-02-18 07:36 [只看楼主] [划词开启]

トラック7 

音频君


正文君


看板の片づけをして、ズボン濡れになってしまった俺たちは、そのまま生徒会室に戻ってきた。

       「へへえ~お互いずいぶん濡れたなぁ。ほら、これ着ておけ。」

       「何だ、変な顔して、俺のジャケットだ。貸してやるからありがたく着てろ!」

       「俺か?俺なら大丈夫だ。気にするな。ほら、こっち来い!そこじゃ寒いだろう。肩震えてる。待ってろ。俺のタオルあるから、今髪拭いてやるよ。へい、どうだ?俺が愛情込めて拭いたから、すぐに乾いただろう。濡れたままでいると、風引くからな。本当は看板しまうのだって、男の俺に任せておけばいいのに。まったく、お前が風引いたら、生徒会のみんなが困るだろう。ふう、でも、それはお前のいいところだけどな。

       「ぬばたまの  我が黒髪を  引きぬらし  乱(みだ)れてさらに  恋いわたるかも」

       私の黒髪(くろかみ)を引き解く(ひきほどく)ように、心乱れてあなたを思い続ける。

       彼女は確かに俺の初恋の女の子だ。でも、いろいろな彼女を知れば知るほど、俺は自分に自信がなくなっていく。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


翻译君


Track07 你的优点

       收拾好告示板后,裤子已经湿透的我们,就这样回到了学生会室。

       “诶~咱们都成落汤鸡了。给,把这个穿上。”

       “怎么了,一脸怪异,这是我的夹克。借给你,就感激得穿上吧!”

       “我?我没事儿的,别在意。好了,到这儿来!那里很冷吧,一直在发抖。等下。我有毛巾,先帮你把头发擦干吧。呵,怎么样?在我充满感情的擦拭下,很快就干了吧。一直湿着会感冒的。原本只是收拾告示牌而已,交给我这个男生就好了。真是的,你要是感冒了,学生会的大家也会为难的。……不过,这也正是你的优点…”

       『有意将,黑发解开;发乱心亦乱,思恋涌来。』

       想要解散我的黑发、无法平静的心、一直想念着你。[注:俗信,为情人所思,则发自解。此处反用。]

       她的确是我初恋的那个女孩。只是,越多了解她的种种,越是对自己没有信心。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


トラック8 

音频君

(沪江又抽,传不上来啊!回头来补吧)

正文君


文化祭も無事に終わり。校庭では後夜祭(こうやさい)が開かれていた。生徒たちの賑やかな雰囲気には入れない俺は、一人で生徒会室にいた。

       「文化祭もこれで終わりか。ああ~生徒会長も楽じゃないぜ。」

       その時、ドアが開(ひら)いた。

       「なんだ?お前かぁ。どうした?ほかの役員たちが探してだぞ。あとの仕事は俺が全部やっておくから、お前は早くあいつらのところに行ったほうがいいんじゃないのか?」

       「ここで休んでから?んん~じゃ、気の済むまでここいいればいい。俺は別にかまわない。」

       頷く(うなずく)彼女を見ていると、胸の奥が締め付けられる。

       「家(いえ)にありし  櫃(ひつ)に鍵(かぎ)刺(さ)し  蔵(おさ)めてし  恋の奴(やっこ)の  掴(つか)みかかりて」

       ひつに鍵を閉めて閉じ込めておいたのに、恋する気持ちが出てきて、私に掴みかかる。

       「今日はありがとう。お前のおかげでいい文化祭にできた。ありがとう。来年は自分たちだけで頑張れよ。もう俺は卒業してていないんだからさぁ。あ、でも、遊びには来るよ。ほら、そんな顔するなって、ちゃんと約束してやるから。小指出せ。もうこれで絶対忘れない。」

       俺が卒業したら、もう毎日彼女と顔を合わせることはなくなる。まだ会えたのに、俺たちはまた離れ離れ(はなればなれ)になる。きっと俺たちの距離はずっとこのままなのだろう。たとえ、赤い糸で繋がってでも、その距離は永遠に縮まる(ちぢまる)ことはない気がした。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


翻译君


       文化祭顺利结束了。校园里举行了后夜祭。无法融入同学们热闹氛围之中的我,一个人呆在学生会。

       “文化祭也终于结束了啊。啊~学生会长也不轻松啊。”

       这时,门开了。

       “什么啊?是你呀。怎么了?其他人在找你呢。之后的工作都交给我吧,你也快点去他们那里好比较好吧。”

       “想在这里休息一下?恩~那就在这儿休息到你满意为止吧。我无所谓。”

       看到她点头,我的心都被揪紧了。

       『恋业障,家中藏;柜上加了锁,犹来,扰我肝肠。』

       明明已经深深封印的爱恋,还是满溢了出来,将我紧紧困住。

       “今天…谢谢你。多亏了你文化祭才能这么成功。谢谢。明年就得你们自己努力了。因为我毕业就不在了啊。但是,我还是会来玩的。好啦,别露出这样的表情嘛,我保证。来,把小指伸出来……这样就绝对不会忘记了。”

       一旦毕业,就再也不能每天都见到她。即使见到了,也会再次分离。我们之间的距离就会一直这么遥远吧。总觉得,就算红线相连,那距离也永远缩短不了。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



答题区

1、除夕,大家新年快乐~
  • 成绩排行
  • 最新参加
3人回答了问题 | 平均正确率100%
最后编辑于:2016-05-01 21:49

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 早读时光

全部回复 (19) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团