2015.03.17【日译中】中学生女子飛び降り、「いじめ原因」認定 埼玉

夜月秋音 (小夜)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译犹未尽
11 0 0
发表于:2015-03-17 13:30 [只看楼主] [划词开启]
中学生女子飛び降り、「いじめ原因」認定 埼玉
初中女生跳楼  原因定性为“校园欺凌”  埼玉


 埼玉県鶴ケ島市立西中学校で昨年3月と4月に女子生徒が相次いで校舎から飛び降りて重傷を負った問題で、第三者でつくる市いじめ問題調査審議会は16日、3月の飛び降りは「いじめが原因」と認定した。4月の飛び降りは「いじめの事実は確認できない」とまとめ、同日、市教委に答申した。
  关于去年3月和4月相继发生的埼玉县鹤岛市立西中学女学生从教学楼跳楼并重伤的问题,由第三方成立的市欺凌问题调查审议会,于本月16日将3月的跳楼事件定性为“校园欺凌”,4月的一起则概括为“无法确定是否有欺凌的事实”,并于同一天,向市教委进行了汇报。

 弁護士や臨床心理士ら3人を委員とする審議会は、他の生徒や教員らからの聞き取りを元に調査。報告書で、3月の事案が、グループ内での「仲間はずれとも受け取られる言動」を苦にしたものと認定したが、「(仲間に)積極的な加害意思は認められない」と総括。4月の生徒については、本人からの聞き取りができず、電話で母親に確認したがいじめが原因という話はなかった、とした。
  由律师以及临床心理师等3人组成的审议会,依据向其他学生以及教职员工听取的证词开展调查。在报告书中,关于3月的事件,虽然认定了当事人因小团体内其他成员的“排挤言行”而苦闷,但总体来说“不认为(同伴)有主观加害的意思”。至于4月事件的那个学生,没能取得当事人的证词,但通过电话向其母亲确认的时候,她并没有提到欺凌。

 3月に飛び降りた生徒の父親は「娘は無視されるいじめに遭い、先生も知っていたのに対応しなかった」などと文書で市議会へ訴えていた。審議会長の渡辺祐樹弁護士は会見で「担任は生徒の異変に気づいていたが、仲間内のトラブルととらえていた。当時の状況からやむを得ない」と述べた。
  3月跳楼的学生的父亲书面向市议会申诉了“女儿遭受同伴无视,老师也是知道情况的,却没有采取措施”等等。审议会的会长渡边佑树律师在会见记者时如此陈述:“尽管班主任已经察觉到了学生的异变,但以为只是同伴之间的小摩擦引起的。从当时的情况来看,这也是莫可奈何的”。

 これに対し、父親は取材に、「いじめと認定したのは評価できるが、仲間で無視するのは積極的な加害意思ではないか」と話した。女子生徒は学校の個室などで学習して今月卒業。もう一人の生徒も自宅学習して卒業したという。(西堀岳路)
  对此,父亲在接受采访时说道:“定性为欺凌,这点是值得肯定的,然而,无视同伴不就是有主管加害的意思吗?”据说,该女学生在学校的单间学习,这个月毕业。另一个学生在家学习,已经毕业。(西堀岳路)
最后编辑于:2015-03-18 12:01
分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团