2015.03.17 【日译中】夏目漱石《心》drama -- 第三章 2/4

fanlyP (凉粉) 译犹未尽
11 0 0
发表于:2015-03-17 18:01 [只看楼主] [划词开启]


第三章 先生の遺書 2/4

第三章  先生的遗书恋爱 2/4


录音在这~

http://st.hujiang.com/topic/162870713308/


先生「いい部屋ですね。」

先生:“这个房间真不错啊。

静の母「ここは8畳で、こちらが続きの4畳になっています。

静母:“这里是8榻榻米大的,这边接下来的房间4榻榻米大的。”

先生「二間の?私にはもったいない。

先生:“两居室?给我住真是太浪费了。”

静の母「かまいませんよ。元々主人の部屋で、使ってない部屋なんですから。

静母:“没关系啊。这原来是我丈夫的房间,现在闲置出来的。”

先生「ご主人は先の戦争でなくなったんですよね。

先生:“您丈夫…在先前的战争中牺牲了是吧。”

静の母「ええ、いまは娘と2人暮らしです。

静母:“是的。现在我和女儿两人一起生活。”

先生「あっ、娘さんがいらっしゃるのですか。

先生:“啊!您还有女儿啊?”

静の母「はい。まもなく女学校から帰ってくると思いますわ。

静母:“是啊。她应该过会就从女校回来了。”

静「ただいま戻りました。」

静:“我回来了。”

静の母「あら、噂をすれば。」

静母:“哎呀,说曹操曹操就到。”

静「お母様、お腹すいた!何か食べるものあっ!」

静:“母亲,我肚子饿了!有没有吃的…啊!”

先生「どうも。」

先生:“您好!”

静「はじめまして、私、この家の娘で、静と申します。あのう、うちに下宿される方ですよね。

静:“您好!初次见面。我是这个家的女儿,叫静。那个,你是来我家寄宿的吧?”

先生「ええ。」

先生:“是的。”

(先生独白)これが私の妻になる、静との出会いでした。

(先生独白)这是和我的妻子,静的初次见面。

静「よかった、よさそうな方で。

静:“太好了。看起来是个好人。

先生「はあ。」

先生:“哈?”

静の母「もう、静ったら、びっくりされてるじゃないの。

静母:“静你也真是的,把人给吓着了。

先生「いいえ、そんな。

先生:“哪里,没有的事。

静「すみません。男の方が家にいらっしゃるなんて、めったにないものですから。

静:“对不起。因为很少有男人来家里,所以…”

静の母「本当は。すごくお淑やかなのよね。

静母:“实际上,是一个很温柔娴淑的人呢吧。

静「その通りです。特には生花と琴。ここのの間の花も私が生けましたのよ。

静:“是的。特别是插花和弹琴。这壁龛的花都是我插的哦。

先生「ここれは

先生:“这…这个…”

静の母「ご感想は?」

静母:“有什么感想?”

静「正直におっしゃってください。

静:“请实话实说。”

先生「実に個性的にですね。

先生:“真是太…太有个性了。

静の母「さすがは大学生、うまいことをおっしゃいますのね。

静母:“不愧是大学生,说话特招人喜欢。

静「つまり、下手だってことですか。」

静:“就是说插得很糟糕咯。

先生「そんなことは。

先生:“没有这回事…”

静「いいです。お気遣いいただかなくでも。こうなったら頑張って、すごいって言わせて見せます。まだ生けていいですか。

静:“你不用顾忌我的。这样的话,我要加把劲,让你诚心诚意地说我很棒。我还可以继续修剪吗?”

先生「そこまでされなくでも

先生:“您不需要这样做的…”

静「いいえ。さけてください。私、負けず嫌いなんです。

静:“不行。请让我修剪吧。我不会服输的。”

(先生独白)こうして、彼女との関わりははじまりました。

(先生独白)就这样,我和她之间的羁绊开始了。

最后编辑于:2015-03-19 19:40

本帖来源社刊

分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团