2015.03.18【日译中】ゆめにっき第十三話(3/5)

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
21 4 0
发表于:2015-03-18 13:41 [只看楼主] [划词开启]
ゆめにっき
あなたの夢に私はいない
[原作]ききやま [執筆]日日日
手打搬运 请勿随意转载


 風邪をひきそうな猛吹雪のなか、わたしは口のなかに飛びこんでくる雪つぶてを吐きだしながら、懸命に語った。
 在这容易引起感冒的暴风雪中,我一边把吹进嘴里的雪子吐出来,一边拼命地叙说着:

「でも、夢のなかで夢を見るっていうのは、重要なことだよ。えぇっと、このへんの本にーーあぁもうっ、この雪やめてよ!」
“但是在梦中做梦却是极为重要的一点。那个,这边的书本里——啊啊真是的,快让这个雪停下来啦!”

 本を開いて確認しようとしたのに、やたら雪が降ってきて邪魔すぎる。
 我想要打开书本确认,但纷飞的雪花太过于碍事了。

 仕方なく諦めて、わたしは自分の覚えているかぎりで説明をしてみた。
 没办法只好放弃,我把自己记得的部分尽可能地向你说明道:

「だから、夢のなかでベッドを見つけたらーーそこで眠ってみるのもいいかもね。夢のなかで、また夢を見る。そのことで、さらなる夢の深みに辿りつけるかもしれない。もしかしたら『個人的無意識』から、その奥にある『普遍的無意識』まで潜れるかも」
“所以,如果在梦里发现了床铺的话——试着在那里睡一下大概也没有问题。在梦境中再次做梦。借此或许能够到达梦的深层。也许,能够从‘个人无意识’潜入更深层的‘集体无意识’”

 わたしは、物言わぬあなたの背中にがんばって語りかける。
 你依旧一言不发,我冲着你背后努力诉说着。

「『普遍的無意識』っていうかのは、すべての人間が共有している根底なの。人間はふたつの目でものを見て、二本ずつの手足で世界と関わっている。そういう生物として共通してもっている特性によって共有されている、すくなくともそう観測される『無意識』」
“所谓的‘集体无意识’,就是指人类共有的根基。人类用双眼看世界,用双手双脚接触世界。至少从表面来看,它是人类所共通的、在其个体特性中所共有的‘无意识’”

 神話は最古の物語だ。
 神话是最古老的故事。

 そして世界中に残された神話には、驚くほど共通の象徴が登場する。それらは人間の『普遍的無意識』から生じたもので、だから遠い異国の神話にもわたしたちは共感できる。
 而且,留存在世界上的神话都有着多得惊人共通点。它们是从人类的“集体无意识”中诞生的产物,所以我们能够在遥远异国的神话中获得共鸣。


(TBC


最近厌学中,晚上睡不好,非常滴狂暴,翻译质量渣,求往死里打。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (4)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团