2015.03.19【日译中】羊をめぐる冒険 第一章(18句)

芹1993 (傻啦吧唧二号) 译译生辉
96 24 0
发表于:2015-03-19 08:44 [只看楼主] [划词开启]

水曜の午後のピクニック

周三下午的郊游。


新聞で偶然彼女の死を知った友人が電話で僕にそれを教えてくれた。

朋友偶然在报纸上看到她的死讯,打电话告诉我。


彼は電話口で朝刊の一段記事をゆっくりと読み上げた。平凡な記事だ。

他在电话那头用很慢的语速朗读了一段报道晨报的一篇报道。很普通的报道。


大学を出たばかりの駆け出しの記者が練習のために書かされたような文章だった。

像是刚大学毕业的新手为了练习而写的文章像是刚大学毕业的记者,为了练习,极不情愿写下的文章。


何月何日、どこかの街角で、誰かの運転するトラックが誰かを轢いた。

某月某日,在某个街角,某人开车撞了某某。


誰かは業務上過失致死の疑いで取り調べ中。

谁又被怀疑是因公殉职,正在调查中怀疑其是驾驶过失致死,目前还正在调查中。


雑誌の扉に載っている短い詩のようにも聞こえる。

听起来就像是杂志扉页上登载的短诗。


「葬式はどこでやるんだろう?」と僕は訊ねてみた。


“葬礼在哪里举行”我问。


「さあ、わからないな」と彼は言った。

“噢,还不知道”他回答道。


「だいいち。あの子に家なんてあったのかな?」もちろん彼女にも家はあった。

“最重要的是,对于她来说有家吗?”当然有啊首先,她有家吗?当然有啊


僕はその日のうちに警察に電話をかけて彼女の実家の住所と電話番号を教えてもらい、

那天我打电话到警察局问了她家的住址和电话号码,


それから実家に電話をかけて葬儀の日取りを聞いた。

然后又打电话到她家问了葬礼的日期。


誰かが言っているように、手間さえ惜しまなければ大抵のことはわかるものなのだ。

就如谁说的那样,如果连劳动时间都不珍惜的话大概的事情也明白了就像谁说的一样,只要肯下功夫就可以明白大概得事情。


彼女の家は下町にあった。

她家在庶民区


僕は東京都の区分地図を開き、彼女の家の番地に赤いボールペンで印をつけた。

我摊开东京都的划分地图,用红色圆珠笔在她家门牌上做了标记。


それはいかにも東京の下町的な町だった。

那确实是东京的庶民区。


地下鉄やら国電やら路線バスやらがバランスを失った蜘蛛の糸のようには入り乱れ

地铁、国铁、专线巴士都混杂在这没有规律的蜘蛛网般交错穿行,


重なり合い、何本かのどぶ川が流れ、ごてごてとした通りがメロンの皺みたいに地表にしがみついていた。

相互重叠,几条臭水沟流经,杂乱无章的街道像是哈密瓜皮的褶皱一般紧紧抓住地面。



最后编辑于:2016-01-11 08:04

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (24) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团