2015.03.19【日译中】羊をめぐる冒険 第一章(15句)

芹1993 (傻啦吧唧二号) 译译生辉
66 16 1
发表于:2015-03-19 13:36 [只看楼主] [划词开启]


葬式の日、僕は早稲田から都電に乗った。

葬礼当,我从早稻田乘东京都电去往她家。


終点に近くの駅で降りて区分地図を広げてみたが

在快到终点的站下了车,我打开地域地区划分地图


地図は地球儀と同じ程度にしか役に立たなかった。

此时地图跟地球仪一样起不到任何作用。但此时地图所起的作用只不过与地球仪相差无几。


おかげで彼女の家に辿り着くまでに幾つも煙草を買い、何度も道を訊ねねばならなかった。

幸亏在到达她家之前我买了几包烟,那地方必须要问几次路才能找得到拜其所赐,我不得不买了好几次烟、问了好几回路才找到她家。


彼女の家は茶色い板塀に囲まれた古い木造住宅だった。

她家是木质的旧房子,四周茶色的板壁围起来的。


門をくぐると、左手には何かの役には立つかもしれないといった程度の狭い庭があった。

进了门,左手边有个人狭窄的庭院,可能是有什么用处的。


庭の隅には使いみちのなくなった古い陶製の火鉢が放り出され、

庭院的角落放着一个已经没法用的旧陶制火盆,



火鉢の中には十五センチも雨水が溜まっていた。

火盆中的积水竟有15厘米深。


庭の土は黒く、じっとりと湿っていた。

庭院的泥土黑且潮湿


  彼女が十六の歳に家を飛び出しきり、というせいもあって、葬式は身内だけのひっそりとしたものだった。

她十六岁离开家就再没回去过,也可能是这个原因,葬礼上只有她的近亲,显得有些冷清。


参列者の殆どが年寄の親戚で、三十をすぎたばかりの彼女の兄だか義理の兄だかが葬儀を取り仕切っていた。

出席的人大体都是上了年纪的亲戚,一个三十的出头的人在操持葬礼,不知是他的哥哥还是姐夫。


  父親は五十代半ばの小柄な男で、黒い背広の腕に喪章を巻き、

她父亲是一位55岁左右的小个子男人,穿着黑色西装,手臂上缠着丧章,


門の脇に立ったまま殆ど身動き一つしなっかた。

站在门旁一动不动。


彼の姿は洪水がひいた直後のアスファルト道路を思わせた。

他的样子让人联想到洪水退去后的柏油路。



  僕が帰り際に黙って頭を下げると、彼も黙って頭を下げた。

回去的时候我向他默默地鞠了个躬,他也默默地鞠了个躬。(感觉太白话了。)

最后编辑于:2015-03-24 13:42

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (16) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团