2015.03.19【日译中】ビブリア古書堂の事件手帖 序章(1)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
37 9 1
发表于:2015-03-19 13:53 [只看楼主] [划词开启]

プロローグ

序言

 

 六年前のその日、北鎌倉《きたかまくら》の坂を下りきった俺《おれ》は、線路沿いの細い路地をだらだら歩いていた。

六年前的那一天,顺着北镰仓的坡道下到底的我,沿着铁轨旁边的小巷缓缓地走着。


 半袖《はんそで》の白いシャツの背中が汗でぴったり貼《は》りついている。セミの声がうんざりするほど近い。あちこちに植えられた紫陽花《あじさい》はまだ散っていないのに、梅雨《つゆ》明けと同時に夏が始まっていた。

被汗水浸湿的短袖白衬衫的背心贴在了我的背上。蝉的叫声进的让人觉得烦躁。明明四处种植的紫阳花还未凋谢,夏天就与出梅同时到来了。


 サーファー以外の地元民にとって嬉《うれ》しくない季節だ。由比《ゆい》ヶ|浜《はま》や江《え》ノ島《しま》海岸は海開きしているが、このあたりの中高生は近所の海ではあまり泳ぎたがらない。よそから来た観光客でごった返しているし、波打ち際《ぎわ》も変な色に濁っているせいだ。

除了冲浪者以外,对当地居民来说,夏天并不是一个受欢迎的季节。虽然由比之浜和江之岛设有海水浴场,但这儿附近的高中生都不怎么想在旁边的海里游泳。从别的地方来的游客络绎不绝,就连浪花的颜色也变得浑浊不堪了。


 俺は山の中腹にある県立高校に通う二年生だった。その日は日曜だったが、置き忘れていた教科書を学校まで取りに行き、家に帰るところだった。バス通学だった俺がJRの駅に向かっていたのは、一時間に一本しか来ない路線バスに乗り遅れたからだ。道が狭い上に三方を山に囲まれた鎌倉は、場所によってはびっくりするほど交通の便が悪い。

我就在修建山中的县立高中读二年级。那一天是星期天,我回学校取回忘了带走的教科书,正走在回家的路上。坐公交车上放学的我,因为没赶上一小时才来一班的公交车,于是向JR车站走去。镰仓不仅道路狭窄,还三面环山,有的地方公交车更是少的令人发指。


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (9) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团