【原版书籍】《小僧の神様・城の崎にて》(志賀直哉)

发表于:2015-03-20 03:41 [只看楼主] [划词开启]

内容(「BOOK」データベースより)

志賀直哉は、他人の文章を褒める時「目に見えるようだ」と評したという。作者が見た、屋台のすし屋に小僧が入って来て一度持ったすしを価を言われて置いて出て行った、という情景から生まれた表題作のほか、「城の崎にて」「赤西蛎太」など我孫子時代の作品を中心に11篇を収めた、作者自選の短篇集。


  • (附件内容回复可见)

本帖来源社刊

分类: 小说
全部回复 (19) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团