2015.05.04【日译中】杀人之门(二)18

生田妹 (生田) 译心传心
16 1 1
发表于:2015-05-04 22:03 [只看楼主] [划词开启]

 祖母の死後は何かと忙しかったせいもあり、家族揃ってゆっくりと食事をすることは殆どなかった。両親が交わす会話にしても、どこそこの誰は香典をいくら包んできたとか、香典返しはどうするかといったものばかりだった。二人の口から祖母の死に対する感想めいたものは何ひとつ語られなかった。

   祖母死后大家变得忙碌也是一个原因,全家几乎没有聚在一起好好吃顿饭。父母间的谈话内容,不是谁谁谁的奠仪包了多少钱,就是奠仪的回礼要送什么好。两人绝口不提对于祖母的去世作何感想。

 法事が一通り終わった後も、その状況にさほど変化はなかった。しばらく休業していた診療所は再開され、前と同じように父も母も仕事に追われるようになった。

   法事全部结束后,这个情况也没什么变化。稍作休诊的诊所重新营业后,父母和往常一样忙活于诊所的工作。

 食事は母が作ったが、トミさんほど料理は上手くなかった。いわゆる手抜き料理だった。父が不満を漏らさなかったので、私も文句をいえなかった。食べ物のことで不平を漏らすのは贅沢だというのが、父の教えだった。あの時代、どこの家でもそうだったのではないだろうか。

   现在是母亲下厨掌勺,但手艺没有小富的好。做的都是所谓的速食料理。父亲对此并无怨言,因此我也没法抱怨。父亲有这样一个教条:抱怨食物就是奢侈。大概那个时代的所有家庭都是这样吧。

 母の手料理を食べるたびに不思議に思ったことがある。大叔母によれば祖母は、トミさんの料理はまずくて食べるのも一苦労だったとこぼしていたらしい。しかし私は一度もそんなふうに思ったことがないのだ。父なども、いつも旨い旨いと褒めていた。

    每次吃母亲做的饭菜时,我都觉得不可思议。照大姑婆所说,祖母好像以前抱怨过小富的手艺不好,但我从来没这么想过,父亲也是,总是赞不绝口。

 婆さんこそ贅沢だったんじゃないかと思った。

   不禁觉得婆婆才是奢侈的人。

 食事中も、両親はあまり話をしなくなった。診療所の経理に関する短いやりとりが交わされる程度だ。祖母の死後、特に父のほうはめったに笑わなくなった。私の相手もしてくれなくなった。いつも何かを考え込んでいるように見えた。

    吃饭的时候,父母也几乎不说话。最多也就是说说有关诊所财务状况的简短对话。自从祖母死后,特别是父亲变得不怎么爱笑了。也不再陪我玩了。总是一副若有所思的模样。

 奇妙な噂が流れたのは、まさにそんな頃だった。

    就在这段时间,传出了一个奇怪的谣言。


本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团