☀初声早早读☀<501>万叶恋歌椿之章(track18) ♪ molly

molly_wlm (molly笑笑) 地狱小巫师
146 12 2
发表于:2015-05-05 11:01 [只看楼主] [划词开启]

音频君


文本君

トラック18 予行練習

       遊園地の帰り道、俺たちは寄り道をして、公園のベンチに座って話していた。

       「お待たせ。飲み物買ってきた。あついから気を付けて飲めよ。ん?お前、指輪ずっと見てるな~そんなに見てるんなら早く付ければいいのに。」

       「何?もったいなくて付けられない?まったく、お前って奴は……」

       その時だった。俺と彼女の間に白いふわりとしたものが落ちてきた……

       「雪だ。今年初めて見た。ふ~ははは~お前、頭の上に雪が付いてる。でも、取ってやらない。ふ~怒るなよ。だって、このままにしておけば、雪がウェディングドレス白いベールみたいになりそうだろう。な、さっき渡した指輪貸してくれないか?」

       「ほら、左手出せよ。俺は病める時も健やかなる時も、お前を妻とし、一生を愛することを誓います。この指輪を、左手の薬指に嵌めておく。後もう一つ、これが誓いのキスだ。これでお前は全部俺のものだ。まあ~今のプロポーズは予行練習だ。約束する。いつかちゃんとした形で、もう一度お前にプロポーズする。言っとくけど、俺は実現できると思ったことしか口に出さない。俺が、お前に白いウェディングドレスを着させてやるよ。こうやって雪が降る寒い夜は、ずっと手を繋いでいてやる。お前の冷たい手は、俺が温める。そうやって、これからも手を繋ぎ合って、ずっと一緒にいたいんだ。

       刈り(かり)(こも)の  一重(ひとえ)を敷(し)きて さ寝(む)れども  君とし寝(む)れば  

(さむ)けくもなし」

       どんなに寒い夜も、あなたと二人でいれば、ちっとも寒くない。

       「待って、返事は聞かなくても分かる。だって、俺たちは運命の赤い糸で繋がってるから。未来は、俺たちがこれから二人で決めて行こうな~」


单词君

寄り道(よりみち)0:顺路,去目的地中途绕行的路

ベンチ1:长椅

もったいない5:浪费,太可惜;不胜惶恐,(觉得神圣的东西)怕冒犯而惶恐;不敢当

ふわりと23:轻飘飘的,松软软的

ウェディングドレス:婚纱

ベール1:面纱

病める(やめる)2:痛苦,疾病

健やか(すこやか)2:健康,健壮的

薬指(くすりゆび)3:无名指

プロポーズ3:求婚


翻译君

Track 18 预备练习

       游乐园的归途中,我们绕了一小段路,在公园的长凳上聊了一会。

       “让你久等了。我买了喝点回来。很烫当心点喝。恩?你一直看着戒指啊。这样看的话,早点戴上不就好了~”

       “什么?太贵重了所以无法戴?真是的,我说你这家伙啊……”

       就在那个时候,我和她之间落下了一片轻飘飘白色的东西。

       “下雪了!今年还是第一次见呢。(吹~)哈哈~你,头上粘着雪。不过,不给你取下来。呵呵~别生气嘛。因为,就这样的话,雪花就变得就好像结婚礼服的白纱一般,不是吗。呐~刚才给你的戒指能不能借我用一下?”

       “来,伸出左手。无论疾病还是健康,我发誓将你作为妻子,并爱你一生。请把这个戒指,套在左手的无名指上。然后还有一件事,(亲~),这是誓言之吻。这样,你就完全成为我的了。好吧~现在的求婚算是预备练习。我保证,总有一天会正式得,再一次向你求婚的。说真的,我可是从不做没有把握的保证。我,一定会让你穿上洁白的婚纱。像这样下雪的寒夜,会一直握着你的手。你冰冷的手,由我来温暖。就这样,从今往后也手牵着手,想永远在一起。

       『割菰草,只铺一层眠;有君双共枕,不觉寒。』

       无论怎样寒冷的夜晚,只要和你在一起,就感觉不到丝毫寒意。

       “等等,即使没有听到答案我也知道。因为,我们是被命运的红线系在一起的。我们就此,并肩走向未来吧。”


最后编辑于:2016-05-01 21:49

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 早读时光

全部回复 (12) 回复 反向排序

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团