2015.05.05【日译中】水車館の殺人-第五章 -007

ziyansh2 (紫焱(シエン)) 译犹未尽
11 1 0
发表于:2015-05-05 11:08 [只看楼主] [划词开启]

水車館の殺人-  綾辻行人

章 現在 (一九八六年           九月二十八日)


<別館>ホール - (午後三時十分)

007

「まずは、ご紹介しておきましょう」

私がガウンのポケットの上から先ほどの便箋の感触を探りながら、もう片方の手を挙げて“招かれざる客”を示した。

“首先,让我来做个介绍。”

我一边在长袍的口袋上确认着刚才信纸的触感,一边用另一只手向“不速之客”示意了一下。

 

「島田潔さん。少々わけがあって、今日は特別にお招きしました」

「よろしくお願いします」

島田はひょこりと頭を下げた。

“岛田洁先生。因为某些缘由,今天破例招待了他。”

“请多关照。”

岛田立即鞠躬行礼。

 

「古川君の友だちだとか云っておられましたなぁ」

大石源造が団子鼻を掻いた。

「これじゃあまあ、あたしらとはまんざら縁のないお人でもない」

 “听说你是古川的老朋友吧。”

大石源造挠了挠他的蒜头鼻。

“这样一来,我们也不是完全没有关系的人嘛。”

 

「あなたもやはり、一成画伯の絵がお好きで?」

森教授が訊くのに、島田はまるで悪びれたふうもなく、

「いえ、そういうわけでもなくて。もちろん興味は大いにありますが」

 “你果然也是喜欢一成大师的画么?”

森教授明明是带着期待的询问,岛田却是一副丝毫也不发怵的样子说着,

“不,并不是那样的。虽说我当然也是有着挺大的兴趣。”

 

「ほう」

不思議そうに眼鏡の奥の目をしばたたくと、森は私のほうをちらと窺いながら、

「ではまた、どうして」

「昨年の事件に関心がおありとのことで」

嗄れた声で、私が答えた。

“哦?”

森眼镜下的眼睛不可思议地眨巴了一下,朝我的方向瞥了一眼问,

“那么,又是为什么?”

“他对去年发生的事件很感兴趣。”

我用嘶哑的声音回答道。

 

「彼が云うには、古川恒仁があの事件の犯人だとは思えないと」

場が低くざわめいた。

「そいつは大胆なご意見ですね」

三田村則之がほっそりとした顎の先を撫でた。

“他说他并不认为古川恒仁是那个事件的犯人。”

场面稍稍嘈杂了起来。

“这可真是大胆的见解啊。”

三田村则之抚摸着瘦削的下巴。

 

「ひょっとして、あの事件を探偵するために来られたわけですか。ふうん。よくご主人がお許しになりましたね」

「はあ、まあ」

島田は、「探偵」という外科医の言葉を肯定するでも否定するでもなく、少し困ったような面持ちで曖昧に頷いた。

“难道,你是为了查明那个事件而来的么。哼。主人竟然会允许啊。”

“哈,哈……”

岛田既没有肯定也没有否定外科医生“侦探”的这种说法,只是摆出稍有些困扰的样子暧昧地点了点头。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团