2015.05.05【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 第一章12

qianchang80 (MisakaChio) 译译生辉
6 0 0
发表于:2015-05-05 12:03 [只看楼主] [划词开启]

 こいつもそう言われたクチかもな。

  可能这家伙(谷口)也被拒绝过吧。

 

そんな俺の視線に気付いたか、谷口は慌《あわ》てたふうに、

谷口好像注意到了我的眼神,一副慌张样。

 

「聞いた話だって、マジで。

  “虽然是听别人讲的,不过绝对错不了。

 

何でか知らねえけどコクられて断るってことをしないんだよ、あいつは。

即使她什么都不知道,但是如果有人找她表白她是肯定不会拒绝的。

 

三年になった頃《ころ》にはみんな解ってるもんだから涼宮と付き合おうなんて考える奴はいなかったけどな。

到了初三的时候大家都对凉宫的脾气有所了解,所以也没人再想去追她了。

 

でも高校でまた同じことを繰《く》り返す気がするぜ。

但是到了高中又有人想往老坑里面跳。

 

だからな、お前が変な気を起こす前に言っておいてやる。やめとけ。

所以啊,我在你起怪念头之前劝你一言。死了这条心吧!

 

こいつは同じクラスになったよしみで言う俺からの忠告だ」

看在我们是同班同学的份上,给你的忠告了。”

 

 やめるとくも何も、そんな気ないんだがな。

  说跟她表白还是什么的,我就没想过。

 

 食い終わった弁当箱を鞄《かばん》にしまい込んで谷口はニヤリと笑った。

  谷口把吃完的便当盒严严实实地装进他的皮包了,然后抿嘴一笑。

 

「俺だったらそうだな、このクラスでのイチオシはあいつだな、朝倉涼子《あさくらりょうこ》」

  “要我说啊,这个班上首推就是她!朝仓凉子。”

 

 谷口がアゴをしゃくって示した先に、

  在谷口颐指气使之的时候,

 

女どもの一団が仲むつまじく机をひっつけて談笑《だんしょう》している。

女生们站成一团气氛融洽地有说有笑。

 

その中心で明るい笑顔を振りまいているのが朝倉涼子だった。

在她们正中间笑容满面的正是朝仓凉子

 

「俺の見立てでは一年の女の中でもベスト3には確実に入るね」

  “根据我的方案排名,她已经确定进了一年级女生的前三。”

 

 一年の女子全員をチェックでもしたのか。

  难道这是她把高一女生全部看了一遍得出的结论?

 

「おうよ。AからDにまでランク付けしてそのうちAランクの女子はフルネームで覚えたぜ。

  ”那必须的!我把那些女生颜值按A到D排列。A类女生的全名全都在这里。“谷口用手指着自己脑袋说。

 

一度しかない高校生活、どうせなら楽しく過ごしたいからよ」

一生中仅有一次的高中生活无论如何都不想让它这么无聊的过去啊!”

 

「朝倉さんがそのAなわけ?」と国木田。

  “那么朝仓同学自然就是A咯?”国木田问到。

 

「AAランクプラス、だな。俺くらいになると顔見るだけで解る。アレはきっと性格までいいに違いない」

  “是AA+。我只要一看外貌就能把人看穿。她肯定连性格也温柔地不要不要的。”


往期作业:

2015.04.22【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 序章

2015.04.23【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 第一章1

2015.04.24【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 第一章2

2015.04.25【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 第一章3

2015.04.26【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 第一章4

2015.04.27【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 第一章5

2015.04.28【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 第一章6

2015.04.29【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 第一章7

2015.04.30【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 第一章8

2015.05.01【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 第一章9

2015.05.02【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 第一章10

2015.05.03【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 第一章11



 


分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团