2015.05.05【日译中】水車館の殺人-第五章 -008

ziyansh2 (紫焱(シエン)) 译犹未尽
11 1 0
发表于:2015-05-05 14:52 [只看楼主] [划词开启]

水車館の殺人-  綾辻行人

章 現在 (一九八六年           九月二十八日)


<別館>ホール - (午後三時十分)

008

倉本が、各人の前に用意されたカップに紅茶を注いでまわりはじめる。しばらくの間、妙に気まずい沈黙が場に漂った。

仓本开始为放置在大家面前的杯子掺上红茶。有那么一会儿,场上不可思议地笼罩着拘谨的沉默。

 

大石源造、森滋彦、三田村則之、そして島田潔。いま一度、集まった男たちを順に見ていきながら、

(いったい誰が、この文書の主なのだろう)

私はしきりに考えを巡らせる。

(誰が?)

(何の目的で?)

大石源造、森滋彦、三田村则之,以及岛田洁。我再次朝着在座的男人们依次看过去,

(到底是谁呢,发出这封恐吓信的人)

我反复思考着。

(是谁?)

(他有什么目的?)

 

いずれ島田には、便箋を発見した時の模様を詳しく問いたださなければなるまい。邸内をむやみに歩きまわってもらっては困る――と、そこで強く釘を刺しておく必要もあるだろう。

しかし、それにしても――。

反正是不得不详细询问岛田发现信纸时的情况了。在宅子里随便乱转也很让人困扰——看来这一点也有必要严正重申。

但是,即便如此……。

 

大石源造、森滋彦、三田村則之。恐らく彼ら三人には皆、チャンスがあっただろう。倉本や野沢朋子の目に触れずに<西回廊>まで行くことも、こっそりと居間のドアの下にこの便箋を差し込んでおくことも、きっとできたはず……。

大石源造、森滋彦、三田村则之,恐怕他们三个人也都有机会吧。不管是在仓本、野泽朋子没有注意的时候去“西回廊”,还是悄悄地在起居室的门下面塞入这张信纸,肯定都是能做到的……

 

三人とも、一癖や二癖はありそうな連中である。たとえばそう、熱愛する藤沼一成の作品を自分のものにするためなら、どんな真似でもしかねない。そんなところがある。――が。

他の誰かの仕業である可能性も、むろん存在する。

三个人也都不是什么好相与的人。比如说,若是为了将自己心爱的藤沼一成的作品据为己有的话,做出什么都不稀奇吧。虽说也有着这样的情况。但是……

毫无疑问也存在着这是其他的谁做的,这样的可能性。

 

便箋を見つけたという当の島田がそうかもしれないし、まさかとは思うが、倉本か野沢朋子が書いたものなのかもしれない。あるいはまた、そうだ、この屋敷のどこかに潜んだ、いるはずのない何物かが……。

可能是找到信纸的当事人岛田,又或者,虽说可能性很低,也还是有可能是仓本或者野泽朋子。再或者,对了,还有隐藏在这个宅子里的,不应存在的某物……

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团