2015.05.05【日译中】水車館の殺人-第五章 -009

ziyansh2 (紫焱(シエン)) 译犹未尽
21 1 0
发表于:2015-05-05 15:21 [只看楼主] [划词开启]

水車館の殺人-  綾辻行人

章 現在 (一九八六年           九月二十八日)


<別館>ホール - (午後三時十分)

009

……がらあっ!

突然、雷鳴が轟き渡った。

轰……!

突然,雷声轰然而至。

 

「やれやれ」

大石が、窮屈そうな上着のポケットからハンカチを取り出し、禿げ上がり脂ぎった額を拭った。

「どうも雷は苦手で。まったくもう、何だか去年と同じような雰囲気になってきましたなぁ」

“哎呀哎呀。”

大石从紧窄上衣的口袋里取出手帕,擦拭着额头上的油脂,由于发际线后移,他已有一些秃额。

“我实在是应付不来打雷。真是够了,总觉得气氛变得和去年一样阴郁了啊。”

 

「確かにね。だけどあの時は、もっと早くから雨が降り出していた。僕たち三人が来て、それぞれの部屋にいったん落ち着いた頃には、もう」

そう云って三田村が、中庭側のガラス戸越しに、今にも決壊して大量の雨を吐き出しそうな黒い空を見上げる。

“说来还真是这样。不过那时,从更早的时候就已经开始下雨了。我们三人到达这里后刚在各自的房间落脚,就已经下起雨来。”

三田村说着,透过中庭方向的玻璃窗,向着黑压压的如同决堤般倾泻着雨水的天空望去。

 

「よく憶えておいでですね」

と、島田が云った。左手の薬指に嵌めた金の指輪を、右手の指先で捩じるようにして玩びながら、三田村は色白の頬に薄い笑みを浮かべた。

「そりゃあね、島田さん、ちょうどそうして雨が降りだした頃に、例の騒ぎが起こったものですから」

“记得真是清楚啊。”

岛田说道。三田村白皙的脸颊浮起浅浅的微笑,右手指尖习惯性地旋转着戴在左手无名指上的金戒指。

“那是因为……,岛田先生,刚好在下起这样的大雨时,发生了那场骚乱。”

 

「何の騒ぎ?」

「そう。ご存じでしょう。当時ここに住み込みで勤めていた、根岸文江さんという家政婦が、<塔>のバルコニーから落ちて……」

“什么骚乱?”

“嗯,你不是知道么。当时住在这里名叫根岸文江的佣人,从塔上的阳台坠落了下来……”

 

「あっ、そうか」

島田はぺろりと唇を舐めた。

「いやあ、僕としたことがうかつでした。そうですよね。去年はまず、そういう事件があったんでしたっけ」

“啊,那件事啊。”

岛田舔了舔嘴唇。

“啊,事件的情况我其实还有点稀里糊涂的。去年先是发生的那个事件?”

 

根岸文江の墜落事件――。

あの時のあの雨の音、雷鳴、水車の音、そしてあの女が発した長い叫び声が、生々しく耳に蘇ってくる。

一年前の九月二十八日。

午後二時過ぎに三人の客たちが到着して、しばらく経った頃。定刻に遅れた四人目の来客、古川恒仁が、降りだした激しい雨の中をやって来た、あの時……。

根岸文江坠落事件……

那时的雨声、雷声、水车的声音,还有那个女人发出的凄厉的叫声,在耳边活了过来。

一年前的九月二十八日。

下午两点过,三位客人到达后不久,迟到的第四位客人古川恒仁在暴雨中到达宅邸,正在那时……

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团