2015.05.05【日译中】村上春树《1Q84》节选(1)不要被外表迷惑

发表于:2015-05-05 22:29 [只看楼主] [划词开启]

最近在读1Q84日文版,就节选一些我认为描写很精彩的片段~~~~~。

   

   名前を名乗るのがいつもおっくうだった。自分の名前を口にするたびに、相手は不思議そうな目で、あるいは戸惑った目で彼女の顔を見た。青豆さん? そうです。青い豆と書いて、アオマメです。

    她一直觉得自我介绍很麻烦。每次报出自己的姓名,对方都会用不可思议,或者说困惑的眼神看着她。青豆小姐?是的,青色的豆子那个青豆,读作アオマメ。

    会社に勤めているときには名刺を持たなくてはならなかったので、そのぶん煩わしいことが多かった。名刺を渡すと相手はそれをしばし凝視した。まるで出し抜けに不幸の手紙でも渡されたみたいに。電話口で名前を告げると、くすくす笑われることもあった。役所や病院の待合室で名前を呼ばれると、人々は頭を上げて彼女を見た。「青豆」なんていう名前のついた人間はいったいどんな顔をしているんだろうと。

    在公司上班时不得不带着名片,实在不胜烦扰。把名片递给对方时对方都会凝视片刻,简直像是冷不丁拿到了一张宣告不幸的信件似的。在电话里告知对方自己的姓名时,对方往往会嗤嗤笑出来。要是在政府部门或医院的等候室里被叫到名字,人们都会抬起头来看她,想看看有着“青豆”这个名字的人到底长了一张怎样的脸。

  ときどき間違えて「枝豆さん」と呼ぶ人もいた。「空豆さん」といわれることもある。そのたびに「いいえ、枝豆(空豆)ではなく、青豆です。まあ似たようなものですが」と訂正した。すると相手は苦笑しながら謝る。「いや、それにしても珍しいお名前ですね」と言う。三十年間の人生でいったい何度、同じ台詞を聞かされただろう。どれだけこの名前のことで、みんなにつまらない冗談を言われただろう。

    有时会有人弄错,叫成“毛豆”或是“蚕豆”,每当这时,她就纠正对方说:“不是毛豆(蚕豆),是青豆,虽然都是类似的东西……”,于是对方就会一边苦笑并表示歉意:“哎呀,这可真是少见的姓氏啊”。三十年的人生中,这同样的台词已经听了多少回了?有多少回为了这姓氏遭到人们的调侃?

    こんな姓に生まれていなかったら、私の人生は今とは違うかたちをとっていたかもしれない。たとえば佐藤だとか、田中だとか、鈴木だとか、そんなありふれた名前だったら、私はもう少しリラックスした人生を送り、もう少し寛容な目で世間を眺めていたかもしれない。あるいは。

    假如我生来并不是这个姓,我的人生说不定会与现在截然不同。比如是佐藤,田中,铃木之类烂大街的姓的话,我的人生可能会过得更加轻松,可能会用更加宽容的目光看待这个世界。


最后编辑于:2015-05-06 16:11
分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团