【进击N1阅读】118

发表于:2015-05-06 19:20 [只看楼主] [划词开启]

更新频率:每天1~3期

资料来自沪江节目-恋恋N1读解



われわれの体にはふだん気が付かないような工夫がたくさんひそんでいる。足の裏は何も感じないようにセットされているが、靴の中や靴下の中に1ミリの異物でもあると敏感なシステム動作する。ふだんはその敏感なシステムは(注1)オフになっているのだ。オフにしておかないと、靴下の感触をいつも感じてしまい、何もでくなくなるからだ。 
  赤ちゃんの手のひらを強く押すと口が開く、などというのも、隠れたシステムである。これは手と口が密接な情報関係をもっていたことを暗示する例で、大人になるにつれて①この関係が鈍化する。 
  しかし、もともと赤ちゃんは何でも口に入れてモノの形を確認しているわけであって、それを大人たちが次々に制止するため、しだいにそのような行為をしなくなっただけなのだ。ということは、われわれの②「内なる情報システム」のどこかには、いまなお口と手が結びついているということである。緊張しすぎると口が(注2)カラカラになり、手に汗がたまるというのは、その名残であろう。 

(注1)オフ:スイッチが入っていない状態 
(注2)カラカラ:かわいている様子 

【問1】人間の足の裏に関する説明として、適当なものどうれか 
1.人間の足の裏はふだんは何も感じないが、異物の存在は敏感に感じとる。 
2.人間の足の裏は体の中でも特に敏感なシステムがあり、常に作動している。 
3.人間は、足の裏に安定した感触を感じていないと、何もできなくなってしまう。 
4.人間の足に裏が、靴下の感触を常に感じているのは赤ちゃんのときだけである。 

【問2】①「この関係」とあるが、何を指しているのか。 
1.赤ちゃんの、緊張することと口がかわくこととの関係。 
2.大人の、緊張することと手に汗をかくこととの関係。 
3.大人の手と赤ちゃんの口が情報を伝え合う関係。 
4.赤ちゃんの手と口が情報を伝え合う関係。 

【問3】②「内なる情報システム」の説明として、適当なものはどれか。 
1.大人になるにつれて、より敏感に感じるようになるシステム。 
2.大人たちが制止するため、しだいに消えてなくなるシステム。 
3.靴の中の異物や、靴下の感触をいつも感じているシステム。 
4.人間の体にひそんでいて、時に敏感に作動するシステム。 

【摘自2001年真题>读解.语法>问题二>第4篇】 


点击查看大图答案和解释回复可见哦~ 

-----------以下内容回复可见-----------

本帖来源社刊

分类: 精华资料
全部回复 (76) 回复 反向排序

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 练习
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团