2015.05.06【日译中】太陽の坐る場所 第一章 1 (30句)

fanlyP (凉粉) 译犹未尽
16 2 0
发表于:2015-05-06 20:24 [只看楼主] [划词开启]

太陽の坐る場所太阳坐落之处

【著者】辻村 深月

手打搬运,请勿随意转载

仅作学习交流用,版权归原作者所有


出席番号二十二番――半田聡美

座号22号——半田聪美


「だってさ、俺の子供なんだから、都会になんか置いといたら絶対怠けると思うんだよな。反骨精神が育たない。いつかこんなつまんない田舎を自分の手で出てってやるっていう活力がないとさ」

“因为我深知的我孩子,如果让他待在大城市,他肯定会变得很懒散。那是无法培养出反抗精神的。如果他没有‘终有一天我一定会靠自己走出这个无聊沉默的乡下’的生命力是不行的。

深く煙草を吸い込み、吐き出しながら再度笑う。

他深深的吸了一口烟,边吞云吐雾边笑着。

「俺、自分の子供には絶対団地の四階から一階まで、冬の寒い日に灯油を取りにいかせる。手を真っ赤にさせて、泣きながら段階昇らせる。ちくしょうって涙目で思わせてやる」

“我呢,绝对会让自己的孩子在寒冬时从住宅区的四楼落到一楼去拿煤油。让他的双手冻得通红,边哭边上楼。让他眼泪汪汪的骂‘妈的’。

「へそ曲がりだよねー」

“性情好怪癖是吧。”

貴恵が呆れたようにため息を吐く。ふざけ調子に「あーあ、こんな人と結婚しなくて本当によかった」と呟きながら。

贵惠像是被吓到般叹了叹气。然后开玩笑的嘟哝:“哎呀,没和这种人结婚真是幸运啊。

「だいたい、今の修の家は団地じゃないし、暖房もガスファンヒーターでしょ。この前遊びに行った時に見たよ」

“可是,修你的家又不在住宅区,供暖也是用的瓦斯暖风机吧。上次去你家玩的时候见识过了。

「いいんだよ。その時までに昔の俺と似たような環境に引っ越すから」

“有什么关系,到孩子出生时会帮到跟我小时候类似的环境。

「今はほとんど暖房ってガスかエアコンかもねぇ」

“现在的供暖应该都是瓦斯或者空调了啊。

どうでもいい合いの手を入れながら、聡美は笑う。

聪美笑着,插了句话——

「だけど、真崎くんのところ、子供まだなんでしょ?真崎くんの子供だったら、きっとすごくかわいいと思うんだけど、その子の手がアカギレだらけになるのは、私賛成できないな」

“可是,真崎你还没有孩子吧?如果是真崎的孩子,肯定很可爱啊。让这么可爱的孩子的小手冻得开裂这样的事,我可是反对的。

「またまた、聡美ちゃんてば、巧いなぁ。美人に褒められると、お世辞だってわかってても舞い上がるね」

“又来了,聪美你嘴巴真甜。让这么一个美人称赞,就算知道说的是客套话也会很高兴。

「あら。そういう真崎くんが一番巧いんじゃない?私、地味だしオーラのない顔してるって、会社の先輩から言われたことがあるのよ」

“哎呀,真崎你才是嘴嘴甜的吧?我可是被公司前辈说老土又没有气质的呢。

「ええ?そんな嫉妬だって、嫉妬。ブスのひがみ」

“诶?那肯定是嫉妒啦,嫉妒。是丑八怪的偏见。”

どちらにしろ、ここは余裕のある一群なのだ。

不管怎么说,这里聚着的一群人都不输他人。

現在進行形で欲求を満たしているか、望んでそうしたという自負を持っているからか。この場では貴恵だけが唯一故郷を離れたことがないが、そこは、彼女の持つ指輪が雄弁に主張するのが見えるようだった。負け惜しみではなく、きちんと「望まなかった」。そこに劣等感など存在しない。彼女にそれを持ち出すことは、今度はこちらの負け惜しみに取られる。この年になると、人間はいろいろややこしい。

不知是欲望正在得到满足,还是有着如我所愿的自负。这群人里,只有贵惠从未离开过家乡,但她手上戴着的戒指却彰显着自己雄辩滔滔的主张。那并不是输不起,而是明明白白的“不想离开”。她没有丝毫自卑感。要是跟她挑起这一点,反而会变成是自己输不起。人一到了这把年纪,总会有诸多麻烦顾忌。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团