2015.05.06【日译中】【小说】迷茫管家与懦弱的我 第一卷 第一话(10)(21句)

独孤绝涯 (俺様はケヴィンです) 译译生辉
16 2 0
发表于:2015-05-06 21:49 [只看楼主] [划词开启]
鈴の音のように澄み切った声で人影——近衛スバルは俺の名前を呼んだ。
近卫昂用银铃般清澈的声音叫出了我的名字。

不機嫌そうな表情に無愛想な態度。
他一副不高兴的表情,态度冷淡。

これが近衛のデフォルト。
这是近卫的初始设定。

少なくともクラスメイトである俺はそう認識している。近衛は自分の主である涼月以外にはとことん冷たい。まるで主以外の人間を突き放そうとしているみたいに、その声と視線は威圧感を含んでいる。こんな姿を見て、クラスの女子たちは「クールでかっこいい」 とかきゃあきゃあ騷いでいたが、今現在の俺はとてもそんなセリフは吐けそうになかった。 ……殺される。
至少身为同班同学的我是这样认为的。近卫对于自己的主人凉月之外的人都一向冷淡。像是要把除自己的主人以外的人全部推开一样,那声音和视线充满压迫感。看到他的这个姿态,班级里的女生们都叽叽喳喳地说他“又酷又帅”,不过现在的我没法说出这样的台词……会被杀的。

このままじゃ殺される。
再这样下去,会被杀的。

どうしてかはわからないが、そんな漠然とした不安が頭を過った。
虽然不知道是为什么,这朦胧的不安感在我脑中一闪而过。

「黙ってるつもりなら、もう一回訊くぞ」
“你打算沉默的话,我就再问一遍。

沈黙が癪だったのか、近衛は小さな花びらにも似た口唇を動かして、
是讨厌这沉默的气氛了吗,近卫那好似娇小花瓣的嘴唇动了一下。

「おまえ——ボクのパンツ見たろ?」
“你——看到我的内裤了吧?

どっぱーん、と俺の心に日本海の冷たい荒波が押し寄せた気がした。
扑通一声,我的心被扔到了日本海冰冷的激浪中。

なにこれ……怖すぎ。言ってる内容がどことなく間抜けなのが余計に怖い。うう、何がラッキーカラーは赤だよ。とことんハズレてんじゃねーかあの占い……。
这是……好可怕。他说的内容总觉得是在装糊涂,这反倒让人觉得可怕。呜呜,什么幸运色是红色啊。那个占卜不是完全没说中吗……。

「さ……さあ?何のことだ?おおお俺は、何も見てないぞっ」

“什……什么?什么事?我我我我,可什么也没看见啊。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团