【敢来战否?】古墓派战书第27贴!兵器:《皇帝的新衣》!

樱庭飞雪 (ゆき) 巫师圣灵
26 9 8
发表于:2015-05-07 11:32 [只看楼主] [划词开启]


大家好~这里是古墓派飞雪~今天的故事是《皇帝的新衣》,太长了读错好多

小伙伴们动动手指给我点个赞吧,我会把故事会坚持到底的。嗯~ o(* ̄▽ ̄*)o 



裸の王様

 

昔々、ある所に、大変着物の好きな王様がいました。

新しいきれいな着物を作って、それを着て歩くのが大の楽しみです。

ある日、服職人を名乗る二人のペテン師がやってきて言いました。

「私たちは、とても美しい布を織ることができます。その布は不思議な布で、

それで作った着物は、愚か者には見えないのです。」

「それは面白い。早速布を織って、着物を作ってくれ。」

王様は、うれしそうに言いました。

「それ着て歩けば、家来たちが、利口者か、愚か者か、すぐ見分けがつくわけだ。」

二人のうそつき男は、布を織るのに入り用だと言って、たくさんのお金を出させると、

熱心に織り始めました。

本当は、織っているようなふりをしているだけなのですが。

「いったい、どんな着物だろう。早く着てみたいものだ。」

王様は、その不思議な着物を早く着たくてなりません。

そこで、大臣に言いつけて、どのくらいできたか見にやりました。

大臣は布を織っている二人の男のそばへ行ってみてびっくり。

「???」

何も見えないからです。

でも、見えないと言えば、自分は愚か者だということを知らせるようなものです。

そこで、王様の所へ帰ると、

「まことに見事な布です。もうすぐ出来上がって、着物に縫うそうです。」と、

嘘を言いました。

「そうか、それほど見事な布か。」

王様は、自分でも見たくなり、明くる日、大臣を連れて見に行きましたが、

いくら見ても何も見えないのでびっくり。

「???」

でも、見えないと言えば、自分は愚か者だというようなものです。

王様は、慌てて言いました。

「なるほど、これは素晴らしい。気に入ったぞ。早く着物に縫ってくれ。

近いうちに行われるお祭りの時に、着て歩きたいのだ。」

さて、まもなく布は出来上がり、急いで着物に縫われました。

そして、お祭りの日の朝、二人の男がそれをご殿へ届けに来て言いました。

「さあ、私たちが新しい着物をお着せしますから、王様、裸になってください。」

裸になった王様に、二人の男は出来上がったことになっているその着物を、

丁寧に着せるふりをしました。

着せ終わると、そばにいた家来たちは、口々に褒めたてました。

「まことによく似合って、ご立派です。」

「本当に、それにしても見事な着物です。」

「そうか、そんなによく似合うか。」

王様は、いかにも満足そうに言いました。

「新しい着物の噂を聞いて、町の者も早く見たがっておる。すぐに出発させよ。」

王様は行列を従えると、威張って、ゆっくり歩きました。

それを見た大勢の町の人たちは、目を見張りながら、わざと大きな声で口々に言いました。

「なんて立派だろう、よくお似合いだ。」

「さすがは王様、着物がよくお似合いだ。」

本当は、みんな何も見えていないのですが、そんなこと人に知られたら、

自分は愚か者だと思われてしまいます。

その時です。

行列を見ていた小さな子供が、笑って言いました。

「わーい、おかしいな。裸な王様が、威張って歩いてる。」

その声を聞いた町の人たちは、見えもしない着物を見えるようなふりをして、

嘘を言っていたことが恥ずかしくなりました。

いや、それよりももっと恥ずかしかったのは、ペテン師に騙されて、裸で歩いていた

ことに気がついた王様です。

でも、すぐに行進をやめるわけにはいきません。

王様は、恥ずかしくて真っ赤になった顔のまま行進を終えると、逃げるようにお城へ

帰って行きました。


@纯子kb  @cqbsylj   @Ai4869   @醴酒亂浮生 @吸血族小霖   @佐托Giotto  @黍_黎  @生田妹  @yang821215

最后编辑于:2015-06-05 22:40
分类: 朗读

标签: 日文时光

全部回复 (9) 回复 反向排序

  • 8

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团