2015.05.07【日译中】ゆめにっき第二十一話(2/8)

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
26 6 1
发表于:2015-05-07 14:18 [只看楼主] [划词开启]

ゆめにっき
あなたの夢に私はいない
[原作]ききやま [執筆]日日日
手打搬运 请勿随意转载


 背筋に寒気がするような、冷んやりとした手のひらだった。
 冰冷的手掌,让我感觉到一股冷气贴着脊骨窜了上来。

 お化けに撫でられたようだ。
 像是被怪物抚摸着。

 指先の感触も、生身の人間のものとは思えない。まるで紙みたいに乾いていてすべすべで、得体がしれなかった。
 指尖的触感不像是活生生的人类。皮肤像纸张一样干燥光滑,难以知道其真实的姿态。

 わたしは、寝惚け眼(まなこ)を擦(こす)って、目の前で微笑んでいる『誰か』を観察する。
 我揉着惺忪的眼睛,努力观察眼前微笑着的“某人”。

 整った顔立ちの、まだ『少女』と呼んでいい年頃の女性だった。たぶん、わたしやあなたよりもほんのすこし年上ぐらいの……。けれど不思議な落ちつきがあって、おとな、という印象があった。
 眉目清秀,还能被称作“少女”的女性。大概就比你我稍微年长些……。却有一股不可思议的稳重感,给人以成熟的印象。

 奇妙に色が脱け落ちている。昭和の、モノクロ映画みたいに。肌も服も、すべてが白黒だ。けれど、それが似合ってもいた。漫画に描かれるみたいな、けれど厚みと存在感をもったその女性は、わたしを穏やかな笑みをたたえて眺めている。
 颜色诡异地褪了下来。像是昭和年代的黑白电影。肌肤也好衣服也好,全都是黑白的。却和她很相称。如同漫画中的角色,但有着厚重的存在感。女性一脸微笑地凝视着我。

「え、っとーー」
“那个——”

 わたしは、この人物に見覚えがある気がした。
 我感觉在哪里看到过她。

 先ほど(という表現でいいのだろうか、夢のなかでの時系列はよくわからない)見かけた、あなたと遊んでいるようだった女の子と、よく似ていた。白黒の世界のなかで、あなたと戯(たわむ)れていた、モノクロの少女ーー。
 和刚才(这种表达大概有些欠妥,毕竟梦中的时间序列较为混乱)看到的,像是再和你一起玩的女孩子很像。在黑白世界中和你嬉戏的黑白少女——。

 否、もしかしたら別人かもしれない。同じ雰囲気に思えるけど、髪型や背丈がちがう。
 不,说不定是其他人。虽然给人的感觉一样,但发型和身高都有所不同。



黑白世界
最近厌学中,晚上睡不好,非常滴狂暴,翻译质量渣,求往死里打。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (6) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团