2015.05.07【日译中】ビブリア古書堂の事件手帖 第一話 夏目漱石『漱石全集・新書版』(2)(23句)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
26 3 0
发表于:2015-05-07 20:03 [只看楼主] [划词开启]

 あれは小学校に上がる直前のことだ。こぬか雨の降る春の日、俺は二階の居間で一人本を読んでいた。

    那是在我就要升上小学的时候发生的事了。那是某个细雨绵绵的春日,我正一个人在二楼的起居室里读着书。

 

 一応、俺の実家について説明しておく。

    姑且先介绍一下我的老家。

 

 実家の場所は大船《おおふな》だ。大船という土地は横浜《よこはま》市と鎌倉市のちょうど境で、東京からJRで鎌倉観光へ行こうとすると必ず通ることになる土地だ。

    我的老家在大船。大船这个地方正好在横滨市和镰仓市的交界处,从东京乘坐JR去镰仓观光的必经之地。

 

 大船駅近くの小高い丘には、上半身だけの巨大な観音像が建っている。ライトアップもされていて立派なのだが、木々の間からぬっと白い顔を出している姿はちょっと不気味でもある。薄目の観音に二十四時間見つめられていることを除けば、あまり特徴のない地味な住宅街だ。

    JR大船站附近的小山丘上,建有一座只有上半身的巨大观音像。虽然加了照明之后看起来很气派,但是从树林间突然冒出来一张白色的脸也有点吓人。撇开被半眯着眼睛的观音二十四小时盯梢不提的话,大船只是一条没什么特征的普通住宅街。

 

 昔は観音像の他《ほか》にもう一つ珍しいものがあった。日本有数の映画撮影所だ。俺が中学生の頃に閉鎖されてしまったが、かつては日本映画の黄金期を支えていた、と祖母からよく聞かされていた。映画に詳しくない俺にはよく分からないが。

    以前除了观音像以外还有另一个少见的东西。那是日本数一数二的电影拍摄场。虽然在我还是初中生的时候就停业了,但我常听祖母说到它曾经支撑起了日本电影的黄金时期。虽然对电影了解不多的我不怎么明白是怎么回事。

 

 撮影所の目と鼻の先にある「ごうら食堂」が俺の家だ。グリンピースの載ったカツ丼《どん》が沢庵《たくあん》と一緒に出てくる普通の定食屋だった。

    距拍摄场几步之遥的“古拉食堂”便是我的家。那是一家会将盛着青豆的猪排盖浇和腌萝卜一起呈上的普通廉价日式料理店。

 

 俺の曾《そう》祖父にあたる人が建て、祖母が引き継いで営業していた。撮影所のスタッフで昔は大繁盛していたというが、俺が物心ついた頃には客はお世辞にも多いとは言えなかった。

    食堂是我曾祖父前后的那一代人修建的,后来祖母继承家钵经营至今。虽说以前因为拍摄场的员工而生意兴隆,但到我董事了的时候,即便是奉承也不能说来的客人多了。

 

 店の評判が悪くなったわけではない。撮影される映画の本数が減り、それにつれて撮影所で働くスタッフも減ったのだ。祖母は店員を雇わずに、一人で店を切り盛りするようになっていた。

    并不是因为食堂的评价变差了。只是由于拍摄的电影数减少了,所以在拍摄场工作的职员也随之减少了而已。祖母没有聘用一个店员,只靠自己一个人打理着整个食堂。

 

 俺たちは食堂の二階に住んでいた。祖母と母と三人暮らしだった。父は俺が生まれる前に他界し、母は実家に戻って俺を産んだ。ちなみに「大輔」と名付けたのは祖母だ。

    我们住在食堂的二楼。我和祖母还有妈妈三个人一起生活。爸爸在我出生之前就已经往生了,妈妈是回到了娘家才生下的我。顺带一提,“大辅”这个名字是祖母给我起的。

 

声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团