【前来应战!】古墓派yang821215应战水帘洞战书第3贴!《东风》反击!

发表于:2015-05-07 20:15 [只看楼主] [划词开启]

@生田妹 @cqbsylj   @Ai4869   @醴酒亂浮生   @纯子kb 

@吸血族小霖   @佐托Giotto  @樱庭飞雪 @黍_黎 

三日月がまるで劍の先のように白く輝いています。

かすかに聞こえる水の流れ,夜露を含んだ草木たちのざわめき。

目を閉じて,見えるはずのない命の営みをこの身で感じています。

夜は深く,静かに肌を刺して,心の在り方を私に問いかけます。

その答えの術をまだ導き出せない己と,全てを受け入れている魂がこの身の奧で,諍いながら,熱く冷たく燃えているかのようです。

 

一陣の風が舞い上がり,ふと祖国の花の香りがしました。

こぼれ落ち,舞い飛ぶ紅色の花びら。

美しい散り際に,誰もが心を奪われる凜とした花。

この風は遥か東から吹き拔けて来たのでしょうか?

遠い旅路の途中で、私の元に祖国の香りを届けるために,

己に負けない強い心を呼び起こすために。

遥か遥か遠くから吹いて来たのでしょうか……

私の胸の中に,紅い点が鮮やかに滲んで行きます。

 

星星の瞬きが刃のように刺しています。

全てを包む靜寂の中で,時間さえ経つことを忘れたかのようです。

かすかに響く鼓動に呼吸を合わせて,無我の空気を噛みしめています。

行方さえ決めずに,ゆっくりと流れる雲が真の生き様を私に示しているかのようです。

何処へ行こうとしているのか迷う思いと,有るがままに進もうとする毅然とした気持ちがせめぎ合いながら,痛く優しく波打っているようです。

 

一陣の風が舞い上がり,どこか懐かしい花の香りがしました。

はらはらと優美で艷やかな花びら,季節を終えた後、誰に愛でられる事がなくとも,要るがままの強さ。

頰を打ち付ける風は何処へ行くのでしょうか?

終わり無き旅を続けて、私の背中を押して,前を向かせるために,

己の試練を越える精神を目覚めさせるために。

海を渡り祖国から吹いて来たのでしょうか……

私の肩に薄紅の花びらが一つ,燃えて広がって行きます。

紅く紅く滲んで……


最后编辑于:2015-06-05 22:46
分类: 朗读

标签: 日文时光

全部回复 (1)

  • 6

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团