2015.05.08【日译中】幼馴染との小さな青春--4

也也家的didi (菓子ちゃん) 译犹未尽
46 7 0
发表于:2015-05-08 11:04 [只看楼主] [划词开启]

「お待たせ。誰がまな板だ!」

“久等了。谁是切菜板啊!”

 

 フミは出てくるなり、僕の頭を叩いた。でも、力はなかった。

  史出来后,敲了我的头。但是没用力。

 

「痛いな。そこまですることないだろう?」

“好痛啊。这种话值得你打我吗?”

 

「さっさと行こう」

“快走吧!”

 

   フミは今風の格好で登場した。でも、依然として髪はぼさぼさのままだ。そのせいで服装が随分と浮いて見える。でもあいつは気にしていないようだった。虚ろな目で公園に足を運ぶと、あいつは訳もなくブランコをこぎだした。

  史是穿着时下流行的装扮出来的。但头发还是那副蓬乱样。就因为这样,让衣服看起来很土。但这家伙看起来完全无所谓。这家伙带着空洞的眼神走到公园时,莫名其妙地去荡起了秋千。

 

「なんかさ、私が不登校になったせいでみんな喜んでいるよね」

“总感觉,我不去上学,大家都很开心那~”

 

「喜んでなんか……」

“怎么可能开心......”

 

「いいよ、擁護しなくたって。私、ちょっとみんなに厳しいところあったし」

“没事,不用袒护的。我对大家也严厉了点。”

 

 フミは僕のクラスをまとめるリーダー的存在だった。学校に余計なものは持ち込むな、飲酒喫煙は禁止、まともなことしか言っていなかったのに、周囲からは冷たい目で見られていた。そのせいでクラスの女子からは疎まれ、仲間の輪から外されていった。今思えば、それが仲間と言えるかどうか疑わしいけど。

   对我们班来说,史就是领导一样的存在。“不要把没用的东西带到学校里来”“禁烟禁酒”,明明只是说了对的事情而已,却被周围的人冷眼相对(用冷漠的眼神看待)。就因为这样,女生疏远她,孤立她。现在想一下那样这种真的能算做叫做朋友吗?

 

「それは、フミに嫉妬していたからじゃないかな??フミ可愛いし、頭いいし」

“难道她们不是在嫉妒你吗?史那么可爱,还那么聪明!”

 

「だから、変な男たちに執拗に付け回された」

“所以才会被奇怪的男生们纠缠不清的呀。”

 


最后编辑于:2015-05-08 13:22

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (7) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团