2015.05.08【日译中】羊をめぐる冒険 第三章(35句)

芹1993 (傻啦吧唧二号) 译译生辉
26 2 0
发表于:2015-05-08 14:09 [只看楼主] [划词开启]

 

「これで耳が死んだの。あなたもやってみて」

僕は彼女と同じ動作をゆっくり三度くりかえしてみたが、何かが死んだという印象は持てなかった。ワインのまわりかたが少し早くなっただけだった。

「どうも僕の耳はうまく死ねないようだな」と僕はがっかりして言った。

彼女は首を振った。「いいのよ。死なせる必要がなければ、死なせることができなくてなんの不都合もないんだから」

「もう少し質問してもいい?」

「いいわよ」

这样耳朵就死了。你也试试

我学着她慢慢地将动作重复了三遍,完全没觉得什么东西死了。只是酒劲上来的稍微快了些。

 “好像我的耳朵怎么也死不了呢我失望地说道。

她摇了摇头。是这样的。若没必要让它死,它就死不了,这也很正常。

那我再问几个问题可以吗?

问吧



「君の言っていることを総合してみると、こういうことになると思うんだ。つまり君は十二歳まで耳を出していた。そしてある日耳を隠した。そしてそれから現在に至るまで一度も耳を出していない。どうしても耳を出さなくちゃいけない時は耳と意識のあいだの通路を閉鎖する。そういうことだね?」

“那么综合你所说的,大概就是的。也就是说你12岁之前是把耳朵露出来的。在某天突然把耳朵藏起来了。从那时直到现在再也没有将耳朵露出来。当必须把耳朵露出来时,就强行将耳朵与意识之间的通路给切断。就这样的吧?

 


彼女はにっこりと笑った。「そういうことよ」

「十二の齢に君に何が起ったんだ?」

「急がないで」と彼女は言って右手をテーブル越しに伸ばし、僕の左手の指にそっと触れた。「お願い」

僕はワインの残りをふたつのグラスに注ぎ、ゆっくりと自分のグラスをあけた。

「まずあなたのことを知りたいな」

「僕のどんなことを?」

「全部よ。どんな風に育ったかとか、年はいくらかとか、何をしているかとか、そんなこと」

「平凡な話だよ。すごく平凡だから、きっと聞いているうちに眠くなっちゃうよ」

「私、平凡な話って好きよ」

「僕のは誰も好きになってくれないようなタイプの平凡な話なんだ」

「いいから十分間話して」

 她莞尔一笑。是这样的。

那你12岁的时候到底发生了什么?

不急她说着将右手伸过桌子,轻轻地触碰到我的左手指。拜托了

我将剩余的葡萄酒倒入2个杯子,慢慢将杯中的酒喝尽。

我想先知道你的事情

我的什么事情?

所有的。怎么长大的,多少岁,干什么的,诸如此类的事情。

都是些很普通的事情。因为太平常了,我怕你听着听着就睡着了。

我喜欢平常的事情啊

我的这些事情,是谁也不会喜欢的非常平凡的那种。

可以的话,花10分钟讲给我听吧

 


「誕生日は一九四八年12二十四日、クリスマス・イブだよ。クリスマス?イブって、あまり良い誕生日じゃない。だって誕生日とクリスマスのプレゼントが一緒になっちゃうからね。みんな安く済ませようとするんだ。星座は山羊座で血液(けつえき)型はA、この組あわせは銀行員とか区役所員に向けいている。射手座と天秤座と水瓶座とは相性が悪いということになっている。退屈そうな人生だと思わないか?」

「面白そうだわ」

 “出生日是19481224日,平安夜。然而,平安夜并不是什么好的生日。因为生日礼物和圣诞礼物就变成一个了。大家都想买便宜的东西应付过去。星座是白羊座,血型是A。这种星座和型血的组合适合去银行或地方政府工作。与射手座和天秤座,还有水瓶座合不来。是不是觉得很无趣的人生?”

“听上去很有意思呢。”

 


最后编辑于:2015-05-08 14:11

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团