【进击N1阅读】125

发表于:2015-05-09 06:00 [只看楼主] [划词开启]

更新频率:每天1~3期

资料来自沪江节目-恋恋N1读解

日本でもサービス業を中心に①仕事のマニュアルをつくることが広がってきましたが、マニュアル先進国のアメリカでは、サービス業以外でも多様なマニュアルがあります。新しく採用された人は、仕事全体の流れを理解していなくても、採用された日からマニュアルに沿って担当の仕事を進められるようになっています。 
アメリカがマニュアル社会になった背景には、多様な出身地、民族などが職場に混在していること、その上に頻繁な転職があります。 
「この仕事はあの人しかできない」という職場では、その人がいなくなってしまったら、仕事全体の流れが止まってしまいます。誰ですぐかわりがつとまるシステムが不可欠です。 
誰でもできるかわりのある仕事、マニュアル通りにこなせばよい仕事の報酬は、どんどん下がっていきます。高い報酬を取ろうと思えば、マニュアルを作る仕事か、マニュアルのない仕事につかなければならなくなっています。 
これに対して、多くの日本の企業は、先輩から後輩に仕事が伝えられていくことを前提としています。新入社員は先輩のやっていることを見よう見真似で覚え、技を盗んでいくうちに、やがて一人前になっていくとされます。つまり②仕事も「以心伝心」なのです。おそらく職人を長期的に育てるには、日本のやり方のほうがいいでしょう。熟練の達人の仕事には明確な言葉で表現しにくいコツがありますが、こうした暗黙知は経験的に覚えていくしかありません。 

①仕事のマニュアルについて、筆者はどう考えているか。 
1.社員の流動性が高い業界にマニュアルがあると便利だが、職場の達人を養成できない。 
2.マニュアルのある事業は規模拡大が簡単に実現できるので、大きな利益につながる。 
3.職場ではしっかりしたマニュアルができていないと、仕事全体が止まってしまう恐れがある。 
4.マニュアルどおりに仕事を進めるのは便利で楽だが、報酬も個人の能力もどんどん下がっていく。 

②「仕事も「以心伝心」なのです」とあるが、ここで筆者は何を説明したいのか。 
1.日本の企業における先輩と後輩の関係。 
2.日本の独特の企業文化。 
3.曖昧な日本語が仕事に与えた影響。 
4.高い報酬を獲得する方法。 

筆者の主張と合っているものはどれか。 
1.アメリカのような国では、仕事のマニュアルを決めるのもいいが、日本は日本の実情があって、他国のものを真似る必要はない。 
2.仕事の報酬はマニュアルがあるかどうか比例するので、マニュアルを把握してからこそ一人前になれる。 
3.マニュアルの普及に伴って、「以心伝心」など暗黙の了解は日本の職場ではだんだん通用できなくなってきた。 
4.言葉やマニュアルで表わすことのできない職種は時間をかけて少しずつそのコツを磨くしかない。 

点击查看大图 答案和解释回复可见哦~
 

-----------以下内容回复可见-----------

本帖来源社刊

分类: 精华资料
全部回复 (92) 回复 反向排序

  • 3

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 练习
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团