2015.05.09【日译中】K:RED 第一章(21)

yangf2014 (不灭孽蜥) 译译生辉
6 1 0
发表于:2015-05-09 15:18 [只看楼主] [划词开启]

ここのところの伏見の態度が、学校でつるんでいた頃とは違っていることに八田は気づいている。なんとなく面白くなくて、八田はスニーカーのかかとで地面を蹴った。

在学校里意气相投的八田也注意到了自从来到了吠舞罗,伏见的态度就变了。想来想去总觉得郁闷的八田穿着轻便运动鞋,用后跟跺着地面。

「ん?ちょっと、あれ······

“恩?八田哥,看那个······”

鎌本の声で、八田は顔を上げた。鎌本の太い指が、アパートの穂波の部屋のドアを指している。

听到镰本的话,八田抬起头。镰本的胖手指着公寓里穗波的住屋门口。

見ると、小さな人影が部屋から出てくるのが目に入った。

乍一眼,一个小小的人影从房里走了出来。

アンナだ。

是安娜。

「あの子、何やってんだ······?」

“那孩子,在做什么·······”

八田はベンチから腰を上げ、目を細めた。アンナは、レースがたっぷりついたひらひらした服に似合わぬ、無骨なリュックサックを背負っていた。

八田从长椅上直起腰,眯起眼睛。安娜背着笨重的大背包,和她身上轻飘飘的,多蕾丝边的衣服一点儿也不搭配。

すべり出るように外に出ると、音を立てないよう気をつけているらしい慎重な動きで、そっとドアを閉める。

像是滑出来一样,小心翼翼注意着不发出任何声音,安娜慎重地行动着,轻轻带上了门。

鎌本が眉間にしわを寄せて首をひねった。

镰本皱眉,一副不可思议的样子。

「あんな小せぇ子が夜遊びっすかね?」

“这么小的孩子也会在晚上游荡吗?”

「ってか······あれ、家出じゃね?」

“话说······那个,是离家出走吧!”

小さな子供が、夜に荷物を背負って一人で家を出る理由など、他に思いつかない。

小孩子在大半夜背着行李一个人从家里出来,怎么想也没有其他的理由了吧?

八田と鎌本は顔を見合わせ、立ち上がった。

八田和镰本对视一眼,站了起来。

アンナは早足でアパートの階段を下りてくる。八田は、アパートの下でアンナを捕まえようと駆け寄っていく。

安娜快速走下公寓楼梯。八田为了在公寓门口堵住安娜向那边跑了过去。

だが八田たちが辿り着く前に、アパートの階段下を塞ぐように人影が現れるのが見えた。

但是当八田终于到了公寓跟前时,才发现公寓楼梯下已经挤满了人影。

軍服にも似た、青い服に身を包んでいる。その格好には見覚えがあった。

穿着和军服相似,青色的衣服。

——青服!?

——青服!?

アパートの階段を一階まで降りてきたアンナが、階段下に立ちふさがる青服の姿を見てびくりと体を震わせ、足を止めた。

走下公寓一楼的安娜被楼下站满的青服吓了一跳,身体颤抖着停下了脚步。

八田の頭の中で警報が鳴った。スイッチが切り替わる。

八田脑中警报大响。开关打开了。

八田は走りながら小脇に抱えていたスケボーを地面にすべらせ、飛び乗った。ウィールが唸りをあげ、地面を擦れ合って小さな火花を散らす。

八田跑起来,将肋下夹着的滑板在地面上滑起来,跃身踩上滑板。滑轮发出摩擦地面的声音,细小的花火飞散开来。

八田はそのまま、鎌本を置いてアンナと青服の方へ猛スピードで迫った。

八田把镰本丢在一边,朝着安娜和青服的方向以迅猛的速度迫近。

青服が、アンナに向かってなんかを言いながら、一歩詰め寄る。アンナは真っ白な顔色で一歩後ずさる。

青服似乎有什么话要对安娜说,向前走近一步。安娜脸色变得苍白,退后一步。

なんだか知らない。が、こいつはアンナを怯えさせている。

虽然不清楚发生了什么。但是,这些家伙让安娜害怕。

青服の手が持ち上がり、アンナの方へ伸ばされた。

青服的手抬起来伸向安娜。

「待ちやがれテメェ——

“给我慢着,混蛋——”

八田が吠えながら、スケボーで飛んだ。

八田怒吼一声,踩着滑板飞了起来。

スケボーは八田の力を受けてほの赤く発光しながら宙を舞い、青服に迫る。

滑板注入了八田的力量发出赤红的光芒,飞似的迫近青服。

青服が、飛びかかる八田を振り返った。

青服,回头看向飞过来的八田。

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团