2015.05.09【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第六章 矢霧製薬 上層部(4)(15句)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
11 1 0
发表于:2015-05-09 17:03 [只看楼主] [划词开启]

それから更に年月は流れ——彼女は伯父を説得し、その首を会社の研究所で研究する事になった。伯父に詳しい話を聞いたところ——この首の正体はデュラハンという妖精なのだという。

从那以后又过了几年——她说服了伯父,把那个头带到公司的研究所里进行研究。在向伯父打听详细情况的时候才知道——这个头的真面目其实是名为杜尔拉汗的妖精。


——全く馬鹿げた話だ。羽の生えた人型の蟲ではなく、生首が妖精とはどういう了見だろう。しかし、どんな形であれ、重要なのは今ここに通常の生と死を超越した存在があるという事だ。これを逃す手は無い。

——简直是无聊的故事。又不是长着翅膀的人形虫子,刚砍下来的头是妖精到底是个什么鬼?但是,不管是以什么形式,重要的是现在在这里它是超越了通常生和死的存在这件事。我不会让它溜走的。


そう考えた波江は、生ける生首に対して様々な実験を行ってきた。半分は弟の件に対する嫉妬も混じっていたのだろう。何の遠慮も無く『実験対象』として扱い続けて来た。研究所の中にある限り、部外者である誠二も近づく事はできないであろうと考えていたのだが——

这么想的波江,对活着的头进行了各种各样的实验。其中一半都参杂着对弟弟的事的嫉妒吧。她一直把头当做不用对它客气的“实验对象”来对待。她认为只要头在研究所之中,诚二作为部外人员也应该无法接近了吧,然而——


一つ目の問題として、研究を始めた頃から、『ネブラ』からの接触が始まった。完全に限定されたメンバーによる研究作業であるにも関わらず、相手の出してくる条件——この研究室の研究内容を含む全権限の譲渡——などから考えても、明らかにこの首の事を知っている様子であった。

作为第一个问题,研究开始的时候起,从“内布拉”来的联系也就开始了。从尽管有完全限定的成员进行研究作业,对方仍然提出的条件——将这个实验室的研究内容包括研究权限转让给他们——之类的来考虑,他们显然是一副知道头的事情的样子。


裏切り者がいる可能性に、波江が他者に対して疑心暗鬼になっていた頃——二つ目の事件は起こった。他人を信用しなかった為に、常に自宅に持ち歩いていたカードキーを、何者かによって盗まれてしまったのだ。

由于有出现背叛者的可能性,就在波江对别人变得疑神疑鬼的时候——第二件事情发生了。因为不相信别人,她回家也一直戴在身上的卡片钥匙,不知道被什么人给偷走了。


その晩の内に事件は起こった。研究所に何者かが進入、三人の警備員をスタンロッドで昏倒させ、研究室から『首』だけを持ち去っていったのだ。

事情就是在那一晚发生的。研究所不知道被什么人入侵,三个保安被电击qiang击晕,只有“头”被人从研究室里拿走了。


上一页    下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。

 

最后编辑于:2015-05-09 17:10

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团