2015.05.09【日译中】「流星の絆」第十三章6(40句)

兰汐羽兮 (神谷みか/みかの消失) 译心传心
31 11 0
发表于:2015-05-09 22:01 [只看楼主] [划词开启]

    

    佐緒里は少し困った顔をしていたが、決心したように頷いた。

     佐绪里神色间略显犹疑,尔后像是下定决心般点点头。


     「わかりました。じゃあ、生意気を承知でいわせていただきます。あたしが気になったのはカウンター席なんです」

     “我知道了。那我就出言不逊了。我比较介意柜台边的座位。”


     「カウンターが何か?」

     “柜台?”


     「あの席には常連のお客さんがたくさんいらっしゃいますよね。そうして、店員さんたちと話をされています。とても楽しそうに。まるで家族みたいに」

     “那里的座位有很多常客呢。这样就可以和店员说话聊天。非常的开心,就像是家人般。”


    「それが何か」

    “所以?”


    「フレンチやイタリアンでも常連客というのはいますけど、そういう光景って、あまり目にしませんよね。そもそもカウンター席なんかないし」

    “法国和意大利也有很多常客,但是很少看到这样的景象。原本就没有柜台席。”


    「カウンター席があるのがよくないと?」

   “你是说柜台席不太好?”


   しかし佐緒里は首を振った。

    佐绪里摇摇头。


    「そういう問題じゃなく、あたしのように初めて来た客にとっては、ちょっと居心地の悪い空気が漂っているといいたいんです。何だか、よそ者扱いされているようで」

   “不是这个意思,只是对于我这种第一次来的客人来说,感觉有些不太舒服。怎么说呢,像是被当做外人对待。”


    「それは考えすぎですよ。たしかにフレンチやイタリアンに比べて、常連さんの比率は高いかもしれないけど、それが洋食屋のいいところでもあるんです。あなたも何度か来ていただければ、その空気に慣れると思うんですけど」

    “这是你考虑过多了。确实这里和法国或者意大利比的话,常客的比例会比较高,但这正是西餐店的优点。如果你多来几次的话,就会习惯的。”


  彼の言葉に彼女は首を傾げた。

    听到形成所说,佐绪里摇摇头。


   「ただ食事をするだけのために、その店の空気に慣れなきゃいけないなんて、変ですよね」

    “只是为了吃饭的话,就要适应店里的气氛,太奇怪了吧。”


    「そうかなあ。だって――」そういったところで行成は苦笑した。「すみません。僕のほうからアドバイスを求めておいて、反論してちゃ、仕方ないですよね」

    “这样啊,可是——”形成苦笑道。“对不起,我是来询问建议的,却一直在反驳你,真是没办法啊。”


    「気分を害されたのなら謝ります。素人の意見ですから、無視してください」

    “如果我让你心情不好了,还请谅解。这只是一个外行人的看法,请无视掉。”


    「いや、参考にします。今まで、考えもしなかったことでした」

    “不,这值得参考。我从来没想到这些。”


   行成はポケットから手帳を取り出し、常連客の扱いについて一考、とメモした。

    行成从口袋里拿出笔记本,记上需考虑关于常客的招待方式。


   でも、と佐緒里はいった。「料理はおいしかったです。本当に」

    可是,佐绪里说道。“料理非常好吃,真的。”


    「ありがとうございます」

    “谢谢。”


  行成がいうと、彼女は肩をすくめるようにして笑った。その顔を見て、彼はまたしても胸の高鳴りを覚えた。

   行成说完,佐绪里耸耸肩莞尔一笑。见此他不禁心又跳了一下。





第十四章: 剧情大逆转!泰辅的惊人之语……

 大逆転するストーリー!泰輔驚いた発言






本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (11) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团