文学少女4:プロローグ 自己紹介代わりの回想——ぼくが天使といた頃

发表于:2015-05-10 19:37 [只看楼主] [划词开启]
时间:2015-05-10 19:24~2015-05-31 01:30
地点: 南京
已过期 0人参加

活动详情

确认安装CCTalk

进入活动教室需要安装并登录CCTalk,请确认是否已经安装哦,更多精彩等你发现!

预约成功

参与此活动需要安装并登录CCTalk,请在活动开始前保持在线,以免错过精彩内容哦

若未安装,请点击下载CCTalk

知道了

プロローグ 自己紹介代わりの回想——ぼくが天使といた頃

 

[#ここから太字]

 たくさん扉を作って、罠をしかけておいたので、誰もこの場所へは辿り着けないと天使は言った。

 ここは、天使と私だけの、闇のお城。

 このやわらかな暗がりの中でだけ、私は自分の身に降りかかった不運を嘆くことができるし、日の下で清らかなふりをして笑っている自分の醜さや汚さを、蔑むことも哀むことも許される。

 

 そして、ななせの親友であり続けることも——。

[#ここまで太字]

[#改ページ]

 

 プロローグ 自己紹介代わり回想——ぼくが天使といた頃

 

 彼は天と地上にまたがって生きる人——そう歌姫は言った。

 ぼくにとっては、美羽こそがそんな存在だった。

 大勢のクラスメイトの中で、美羽の姿だけが真っ白な光に包まれて見えたり、美羽の声だけが、天上から降り注ぐ爽やかな音楽のように耳をくすぐったり、語られるその言葉に胸を強くつかまれるたびに、美羽は他の誰とも違う特別な子なのだと思った。

 きっと美羽は天使で、背中に透明な羽根を隠しているのだ。

 そうでなければ、ぼくと同じ歳の女の子が、あれほど軽やかに、自由に、美しい物語を作り出せるはずがない。

 美羽がぼくの隣にいること。

 子猫のようにいたずらっぽい目でぼくを見つめ、甘く澄んだ声で「コノハ」「コノハ」と呼びかけて、当たり前のように腕をからめてくれること——それはぼくにとって、神様から与えられた奇跡のような恩寵で、永遠に続いてゆくはずの日常だった。

 

 けれど、ぼくは美羽の真実を、どれだけ知っていたのだろう。

 

 本当の美羽は、どんな女の子だったのだろう。

 

 美羽とぼくの平和な日々は、中学三年生の、あのおだやかに晴れた夏の午後、最悪の形で砕けてしまった。

 美羽は学校の屋上から飛び降り、ぼくは為す術もなくそれを見送った。

 そうして引きこもりになったぼくは、冬の終わりに、カーテンを閉め切った穴蔵のような部屋からどうにか這い出し、受験をし、高校へ進学して、そこで天野遠子先輩に出会ったのだ。

 この世にある、ありとあらゆる本を愛し、�文学少女�を名乗る彼女もまた、想像という輝かしい翼で、天と地を自在に行き来する人だった。

[#改ページ]



  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团