【前来应战!】古墓派yang应战五岳剑派战书第11贴!《桜のトンネル 2》反击!

发表于:2015-05-11 09:07 [只看楼主] [划词开启]

@生田妹 @cqbsylj   @Ai4869   @醴酒亂浮生   @纯子kb 

@吸血族小霖   @佐托Giotto  @樱庭飞雪 @黍_黎 

桜のトンネル 2

       ー樱花隧道

    私はこれ以上、先生に迷惑をかけられないと思って写真部を退部した。ちょうど引退する同じ学年の子もいたし、私も受験勉強をしないといけないからという理由をつけた。それから以前の友達に「○○くんって、はるかのこと好きみたいだよ。」と言われたのを思い出し、私は「私の好きな人は○○くんなんだよ。」と嘘の告白をし、付き合うことになった。彼と付き合ったことで、私と先生の噂は次第に消えた。彼は私のことをいっぱい思ってくれた。だから、私は彼のことをいつの間にか好きになっていた。でも長くは続かなかった...

    志望(しぼう0)する短大(たんだい0)にも無事合格し、卒業式、私は最後の思い出にと思って入った写真部の部室(ぶしつ0)で、偶然にも青山先生と会ってしまった。「橘(たちばな2)さんにはいろいろ嫌な思いをさせてしまって、本当にごめんね。」先生と話したのはあの噂が広まる直前以来だった。私はずっと先生と話したかったけど、避けるようにしていた。だからその間はとても辛かった。私は先生に最後に一つだけお願いをすることにした。これで先生のことは諦めようと。「卒業の記念に先生が使っていたものをください。ボールペンとかでいいんです。。。」私は先生の胸ポケットにささっていたペンを指した。すると、先生はちょっとここで待ってて」と言い、いったんその場から姿を消した。そして戻ってきた先生は私に一台のカメラをプレゼントしてくれた。

   

「私に?こんな高価なもの受け取れません。あのことなら私はもう気にしてないし..」

「そういうつもりじゃないよ。ただもうこのカメラ使ってないし、小型(こがた0)だから橘(たちばな)さんが使ってくれた方が、このカメラも喜ぶと思うよ。」

「本当にいいんですか?」

「うん、その代わり他の子には内緒(ないしょ0)ね。」

「はい、ありがとうございます。」

こうして私と先生の間に一つだけ秘密ができた。もちろん、それ以上は何もなかった。連絡先の交換(こうかん0)もしなかった。先生が聞いてくれれば教えただろうけど、聞いてもらえなかった。先生に「さようなら」と言い、私はもう二度と先生に会えないんだと思いながら学校を卒業した。

    自宅(じたく0)から電車を乗り継いで30分。目的地の母校(ぼこう1)へついた。桜は満開だった。久しぶりに見た桜のトンネル。思い切って来てよかった。私はバッグからカメラを取り出し、準備をした。ファインダーを覗く(のぞく)と、向こうに誰かが… 誰…?構(かま)えていたカメラを下ろすと、先生だった。

「あれ?橘さん?」

「先生...」

「元気そうだね。」

「先生も」

先生は全然変わってなかった。雰囲気(ふんいき3)は少しだけ落ち着いた感じになったかな...ダークグレーのスーツに、水色のネクタイ。先生はプルー系(けい)のネクタイが多かったよね。今でもそうなのかな。


最后编辑于:2015-06-05 22:46
分类: 朗读

标签: 日文时光

全部回复 (1)

  • 6

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团