2015.05.11【日译中】幼馴染との小さな青春--6

也也家的didi (菓子ちゃん) 译犹未尽
36 3 0
发表于:2015-05-11 14:16 [只看楼主] [划词开启]

 「ちょっと、大丈夫?」

“喂,没事吧?”

 

 僕が声を掛けても、フミは顔をしかめて首を横に振るばかりだ。僕はあたふたすることしかできなかった。そして少し経った後、事件は起こった。

  不管我讲什么,史都只是皱着眉摇头。我除了慌张什么都做不了。然后没过多久,就出事了。

 

 フミは大量に吐血したのだ。赤々とした血が、僕の制服を濡らす。僕は凍りついてもたれかかったフミを見つめる。でも、あいつはどこまでも冷静だった。

   史大吐血。红红的血染湿我的校服。看着僵硬靠着我的史。但是,这家伙不管什么时候都很冷静。

 

「……車」

「な、何?」

「救急車、呼んで」

“......车”

“什,什么?”

“叫救护车。”

 

 僕はフミの言うとおりにして、救急車を呼ぶ。現場には野次馬がたかり始めていた時で、僕はフミの顔を見せないように、彼女の顔をかばうような体勢になっていた。

  按照史所说的,我叫了救护车。现场周围的人开始起哄,为了不让史看到这些,我抱住了史。

 

「僕、必死だったよ」

「何が」

「フミを守ろうと」

「守る? 確かに、あの時ばかりは守られたのかもね」

“我,真是拼尽全力了。”

“为了什么?”

“为了保护史。”

“保护?确实,那时候真的被保护了呢。”

 

 あいつは未だに刺々しい態度だった。ブランコをこぐのをやめると、すぐ隣のベンチに座った。帽子を目深にかぶり、顔を見られまいとしている。ちょうど、うちの高校の奴らが部活から帰ってくる時間だったからだ。

这家伙还是一副带刺的态度。一不玩荡秋千,就立即坐到旁边的长凳上。为了不露脸,遮住眼睛地戴着帽子。因为这时候刚好是高中那些家伙结束社团,回家的时间。

 

「学校に来なくなって、どれ位経つっけ、私」

「もう3週間は来ていないよ」

「そう」

“我多久没去学校了?”

“已经3周了。”

“这样啊。”


本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团