2015.05.11【日译中】「流星の絆」第十四章2(35句)

兰汐羽兮 (神谷みか/みかの消失) 译心传心
16 3 0
发表于:2015-05-11 19:51 [只看楼主] [划词开启]

    「どうかしましたか」行成が尋ねてきた。不安そうな顔をしている。

    “怎么了?”形成一脸不安地问道。

 

   「いえ、何でもありません」静奈はかぶりを振った。

   “没事。”静奈摇着头说道。

 

    「ほかに何かお気づきの点はありませんか。どんなことでも結構です。もし何かあるんでしたら、遠慮なくおっしゃってください。余計な知識や先入観のない方の意見ほど、僕たちにとっては参考になるんです」行成の口調は相変わらず熱い。

   “其他还有什么在意的地方吗。不管是什么都可以。如果有什么看法的话,都请直说。没有先入为主观念的人士的看法对我们来说极具参考价值。”行成的语气还是一如既往的热情。

 

   静奈はティーカップを置き、周囲に視線を走らせてからいった。

    静奈放下茶杯,看了一圈周围说道。

 

   「じゃあ、もう一つだけ」

   “嗯,还有一个。”

 

  「何でしょうか」行成が身を乗り出してきた。

  “请说。”行成探身说道。

 

  「奥の席ですけど、さっきから少し気になっているんです」

  “里间的位子,从刚才就有些在意。”

 

  「奧?」

  “里间?”

 

   店の奥に、ほかとは仕切られたスペースがあり、テーブルが四つ並んでいる。そこに座っているのは、いずれもカップルと思われる客だった。

    店里面有与外面隔开的空间,并排放着四张桌子。坐在那里的客人通常都是情侣。

 

  「あの部屋だけ、照明が少し違いますよね」静奈はいった。

  “只有那个房间,灯光有些不一样呢。”静奈说道。

 

 行成は頷いた。

  行成点点头。

 

     「大事な人と落ち着いた雰囲気で食事をしたいというお客様、まあ大抵はカップルですが、そういう方のために用意してあるスペースです。照明を落としてあるのは、雰囲気作りのお手伝いといったところです」そういってから行成は静奈を見た。「それが何かいけませんか」

    “因为重要的客人和想要优雅环境用餐的客人,基本都是情侣,所以特地为这些客人隔开了空间。灯光也只不过是为了制造气氛。”行成看着静奈说道,“这有什么不好的地方吗。”

 

  「それはいいんですけど、照明の角度がよくないと思います」

  “我觉得很不错,只是灯光的角度不太好。”

 

    「角度?」意表をつかれたような顔で、行成は再び奥に目を向けた。

   “角度?”行成一脸意外,再次看向里间。

 

     「全体的に暗くて、一方向からの光が強いので、顔に影が出来るんです。そういうふうにすると、人の顔って、あんまり奇麗には見えないんですよ」

    “里面基本都很黑,从一个方向照射过来的光很强,脸上就会有影子。这样的话,人的脸看上去就没有那么好看了。”

 

  「えっ、そうかなあ」

  “诶,会这样啊。”

 

    「たとえば暗がりで、人の顔を下から懐中電灯で照らすと、すごく不気味に見えちゃうでしょ。極端にいうと、そういうことなんです」

   “比如在黑暗中,从人上方直接照射手电筒的话,看起来会很可怕。说的过分一些就是这样。”

 


本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团