2015.05.11【日译中】「流星の絆」第十四章3(40句)

兰汐羽兮 (神谷みか/みかの消失) 译心传心
56 13 0
发表于:2015-05-11 20:53 [只看楼主] [划词开启]

     「なるほどなあ。考えたこともなかった。でも、自分の顔がどんなふうに見えてるかってことは、本人にはわからないんじゃないですか」

     “原来如此啊。我都没想过。可是,自己的脸看起来怎么样,本人不是不知道吗。”


      「ほかのお客さんの顔を見て、自分にどんなふうに光が当たっているかを想像するんです。女性というのは、常に、相手に自分がどう見えているかを気にしていますから」

      “可是看着其他客人的脸,就可以想象出自己是什么样子。女性的话,通常会在意自己在对方眼中看起来是什么样子。”


    行成は感心したような顔で首を振った。

     行成佩服地点点头。


     「男には想像もつかないことです。これまた参考になりました。ありがとうございます」行成は手帳に何か書き込み、もう一度奥の席を見た。「新しい店はもちろんのこと、ほかの店の照明についても、一度見直したほうがいいかもしれないな」

     “男人的话很难想象呢。你这些建议都值得作为参考。非常感谢。”行成打开笔记本写了好几点,再次看向里间的席位。“ 新店自不用说,关于其他店的灯光情况,或许都要重新研究呢。”


    「新しい店?」

    “新店?”


    「じつは今度、麻布十番に新しい店を出すんです。その店をどうするかということで、このところずっと頭を痛めてましてね。それで、高峰さんの御意見も是非聞きたかったわけです。その店はオープン準備から経営まで、すべて僕が任されているものですから」

    “其实这次要在麻布十番开一家新的点。这个店会如何的事情让我最近非常头痛。因此,我非常想听听高峰小姐的建议。那家店从开店前的准备到经营,所有的事情都是我负责的。”


   功一の調査通りだ、と思いながら静奈は頷いた。

    和功一调查的一样,静奈如是想着点点头。


    「そうなんですか。すごいですね」

    “这样啊,太了不起了。”


    「せっかく任されたんだから、ほかの店にはない特徴を出していこうと思っているんです。とはいえ、口でいうほど簡単にはいきそうもないんですけどね」

     “难得交给我负责,我想推出一些其他店没有的特色。虽然如此,但这毕竟并不是只是嘴上说说这么简单的事情。”


    「どういう店にしたいんですか」

     “你想开一个什么样的店啊?”


  静奈が訊くと、その質問を待っていたかのように行成は目を輝かせた。

   静奈问道,行成像是等待这个问题般双眼发光的说道。


    「一言でいうと、お客様の会話が弾む店です。僕にいわせれば、これまでの『とがみ亭』は、どこも気取りすぎている。そのせいで、会話を楽しめる雰囲気が欠落しているように感じられるんです。騒がしいのは論外ですが、食事には会話も必要不可欠だと考えています。会話が弾むかどうかはお客様次第だと考えられがちですが、店内のレイアウトや従業員の接客態度によっても変わってくると僕は思います」

    “用一句话来说,就是能让客人谈得起劲的店。现在所有的‘户神亭’都给人一种距离感。而因为这个,感觉到少一种能让人谈天说地的氛围。虽然不至于吵嚷,但我认为用餐的时候对话是不可缺少的。尽管能不能尽兴聊天取决于客人,但是也会因为店的布局和工作人员的态度而改变。”


  白い歯を見せて笑う行成を見て、この人は人間の奥に潜む悪意に触れたことがないのではないか、と静奈は思った。その存在を思い知らせ、失望させてやりたいという底意地の悪い考えが湧いてくる。だが一方で、彼の無邪気さが羨《うらや》ましくもあった。

    望着露齿微笑的行成,静奈想着这个人不知人内心深处潜藏的恶意,没有上过当吗。想让他知道世间的险恶,对社会失望的坏心眼在心里产生。但另一方面,又很羡慕他的纯真。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (13) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团