2015.05.12【日译中】挪威的森林——第一章中

u1heart (小胖纸)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译译生辉
31 5 0
发表于:2015-05-12 00:59 [只看楼主] [划词开启]

第一章中


記憶というのはなんだか不思議なものだ。その中に実際に身を置いていたとき、僕はそんな風景に殆んど注意なんて払わなかった。とくに印象的な風景だとも思わなかったし、十八年後もその風展を細部まで覚えているかもしれないとは考えつきもしなかった。正直なところ、そのときの僕には風景なんてどうでもいいようなものだったのだ。僕は僕自身のことを考え、そのときとなりを並んで歩いていた一人の美しい女のことを考え、僕と彼女とのことを考え、そしてまた僕自身のことを考えた。それは何を見ても何を感じても何を考えても、結局すべてはブーメランのように自分自身の手もとに戻ってくるという年代だったのだ。おまけに僕は恋をしていて、その恋はひどくややこしい場所に僕を運\びこんでいた。まわりの風景に気持を向ける余裕なんてどこにもなかったのだ。

记忆这种东西真是很不可思议。当置身在那种环境中,我是没有留意那风景。没觉得是留下特别深刻的影响,没想到十八年后,依旧记得很清楚。老实说,那个时候我对这一切风景并不在意。我只关心我自己,关心那个时在旁边排列走的一人的美丽的女孩子,关心我和她的事,并且又关心我自己的事。不管看到什么,感受到什么,想到什么,结果总会像飞镖一样又回到手里的年代里。再说当时我在谈恋爱,那场恋爱谈的很辛苦。也没有那个多余的心思去关心周围的风景。
 でも今では僕の脳裏に最初に浮かぶのはその草原の風景だ。草の匂い、かすかな冷やかさを含んだ風、山の稜線、犬の鳴く声、そんなものがまず最初に浮かびあがってくる。とてもくっきりと。それらはあまりにくっきりとしているので、手をのばせばひとつひとつ指でなぞれそうな気がするくらいだ。しかしその風景の中には人の姿は見えない。誰もいない。直子もいないし、僕もいない。我々はいったいどこに消えてしまったんだろう、と僕は思う。どうしてこんなことが起りうるんだろう、と。あれほど大事そうに見えたものは、彼女やそのときの僕や僕の世界は、みんなどこに行ってしまったんだろう、と。そう、僕には直子の顔を今すぐ思いだすことさえできないのだ。僕が手にしているのは人影のない背泉だけなのだ。

但是现在最初浮现在脑海中,却是那个草地的风景。包括草的气味儿,微弱的凉风,山的山脊,狗叫的声音,那样的东西首先在最初时浮起来的。特别清楚,那些正因为太清楚,让人觉得仿佛只要一伸手,便能用手指将它们一一描绘出来。但草原不见人影。谁都不在,直子也不在,我也不在,我想我们是到底消失在哪里的吧。怎么能发生这样的事呢。我曾经那么在意,还看她、我、我的世界,究竟都上哪儿去了?对了,我现在甚至无法立即记忆起直子的脸来,我能想到的,就是一幕不见人影的背影而已。 
 もちろん時間さえかければ僕は彼女の顔を思いだすことができる。小さな冷たい手や、さらりとした手ざわりのまっすぐなきれいな髪や、やわらかな丸い形の耳たぶやそのすぐ下にある小さなホクロや、冬になるとよく着ていた上品なキャメルのコートや、いつも相手の目をじっとのぞきこみながら質問する癖や、ときどき何かの加減で震え気味になる声(まるで強風の吹く丘の上でしゃべっているみたいだった)や、そんなイメージをひとつひとつ積みかさねていくと、ふっと自然に彼女の顔が浮かびあがってくる。まず横顔が浮かびあがってくる。これはたぶん僕と直子がいつも並んで歩いていたせいだろう。だから僕が最初に思いだすのはいつも彼女の横顔なのだ。それから彼女は僕の方を向き、にっこりと笑い、少し首をかしげ、話しかけ、僕の目をのぞきこむ。まるで澄んだ泉の底をちらりとよぎる小さな魚の影を探し求めるみたいに。

当然只要花时间的话我能想起她的脸。小小的冰冷的手、一头柔顺光滑的长发、软而圆的耳垂、耳垂下方有一颗小小的痣、冬天里常穿的那骆驼牌外套、喜欢凝视别人双眼发问的怪癖、有事没事发颤的声音(就是站在刮着强风的山坡上说话一样),把这些印象全都集合起来,她的脸便自热而然的显现出现了。最先显示出来的是她的侧脸。这大约是因为我和直子总是并肩走在一起的关系的原因,然后,她会转向我这边,轻轻地笑着,微微的歪着头开始说话,一边凝视着我的眼睛。就像是清澈的泉底寻找一晃而过的小鱼似的。
 でもそんな風に僕の頭の中に直子の顔が浮かんでくるまでには少し時間がかかる。そして年月がたつにつれてそれに要する時間はだんだん長くなってくる。哀しいことではあるけれど、それは真実なのだ。最初は五秒あれば思いだせたのに、それが十秒になり三十秒になり一分になる。まるで夕暮の影のようにそれはどんどん長くなる。そしておそらくやがては夕闇の中に吸いこまれてしまうことになるのだろう。そう、僕の記憶は直子の立っていた場所から確実に遠ざかりつつあるのだ。ちょうど僕がかつての僕自身が立っていた場所から確実に遠ざかりつつあるように。そして風泉だけが、その十月の草原の風景だけが、まるで映画の中の象徴的なシーンみたいにくりかえしくりかえし僕の頭の中に浮かんでくる。そしてその風景は僕の頭のある部分を執拗に蹴りつづけている。おい、起きろ、俺はまだここにいるんだぞ、起きろ、起きて理解しろ、どうして俺がまだここにいるのかというその理由を。痛みはない。痛みはまったくない。蹴とばすたびにうつろな音がするだけだ。そしてその音さえもたぷんいつかは消えてしまうのだろう。他の何もかもが結局は消えてしまったように。しかしハンブルク空港のルフトハンザ機の中で、彼らはいつもより長くいつもより強く僕の頭を蹴りつづけていた。起きろ、理解しろ、と。だからこそ僕はこの文章を書いている。僕は何ごとによらず文章にして書いてみないことには物事をうまく理解できないというタイプの人間なのだ。

但是,我的花上一段时间才能忆起直子的脸。而且,随着时间的流逝,时间花的越来越长,尽管很叫人感到悲伤,但却是千真万确。最初只要五秒种我便能想起来,但逐渐变成了十秒、三十秒,然后是一分钟。就像是黄昏时的黑影越拉越长,最后大概会被黑暗给吞噬了?是的,我的记忆确实是和直子离的越来越远了,就像和过去的我离的越来越远一样。就只有那个风景、那十月的草原风景,就像电影里象征的画面,不断地在我脑海中浮现。那个风景踹着我脑中的某一部分。喂,起来吧,我还在这儿哩,起来吧,起来了解一下我为什么还在这儿的理由,不痛,一点都不痛!只是每一脚都会有回音。但是恐怖过不了多久连回音也会消失的,就像一切已经消失了一般。然而,在这汉堡机场的路福特汗扎的飞机里,它们比往常长时间地、强烈地打着我的头。起来吧,起来了解吧,所以,我才写了这篇小说,因为我是那种一旦有什么事,不把它写成文字的话,便无法清楚地理解它的人。            

彼女はそのとき何の話をしていたんだっけ?

她那时究竟都聊了什么?
 そうだ、彼女は僕に野井戸の話をしていたのだ。そんな井戸が本当に存在したのかどうか、僕にはわからない。あるいはそれは彼女の中にしか存在しないイメージなり記号であったのかもしれない――あの暗い日々に彼女がその頭の中で紡ぎだした他の数多くの事物と同じように。でも直子がその井戸の話をしてくれたあとでは、僕ほその井戸の姿なしには草原の風景を思いだすことができなくなってしまった。実際に目にしたわけではない井戸の姿が、供の頭の中では分離することのできない一部として風景の中にしっかりと焼きつけられているのだ。僕はその井戸の様子を細かく描写することだってできる。井戸は草原が終って雑木林が始まるそのちょうど境い目あたりにある。大地にぽっかりと開いた直径一メートルばかりの暗い穴を草が巧妙に覆い隠している。まわりには柵もないし、少し高くなった石囲いもない。ただその穴が口を開けているだけである。縁石は風雨にさらされて奇妙な白濁色に変色し、ところどころでひび割れて崩れおちている。小さな緑色のトカゲがそんな石のすきまにするするともぐりこむのが見える。身をのりだしてその穴の中をのぞきこんでみても何も見えない。僕に唯一わかるのはそれがとにかくおそろしく深いということだけだ。見当もつかないくらい深いのだ。そして穴の中には暗黒\が――世の中のあらゆる種類の暗黒\を煮つめたような濃密な暗黒\が――つまっている。

对了,她聊起一口野井。我不知道是否真的有那一口井,或许那只是存在她脑海中的一个形象的记号而已——如同那段晦暗的日子里,她在脑海中编织出的许多事物一般。然而,自从直子提过之后,我每想起草原的风景,便会跟着想起那口井来。我虽不曾亲眼目睹过,但在我脑中它却和那片风景紧密地在一块儿,是不可分割的。我甚至能够详细地描出那口井的模样。它就位在草原和杂树林之间。草巧妙地遮住了这个在地表上横开约直径一公尺的黑洞。四周围既没有栅栏,也没有高出的石摒。只有这个洞大大地张着口。井缘的石头经过风吹雨打,变成一种奇特的白浊色,而且到处都是割裂崩塌的痕迹。只见小小的绿蜥蜴在石头的缝隙里飞快地续进续出。横过身子去窥探那洞,你却看不到什么。我只知道它反正是又恐怖又深邃,深到你无法想像的地步。而其中却只充塞着黑暗——混杂了这世界所有黑暗的一种浓稠的黑暗。
 「それは本当に――本当に深いのよ」と直子は丁寧に言葉を選びながら言った。彼女はときどきそんな話し方をした。正確な言葉を探し求めながらとてもゆっくりと話すのだ。「本当に深いの。でもそれが何処にあるかは誰にもわからないの。このへんの何処かにあることは確かなんだけれど」

“是真的——真的很深!”直子谨慎地措词。她说话常常是那种方式。一面谨慎地选词,一面慢慢地说。“真的很深。不过,没有人知道它的位置。但它一定是在这一带的某个地方。”
 彼女はそう言うとツイードの上着のポケットに両手をつっこんだまま僕の顔を見て本当よという風ににっこりと微笑んだ。

她双手斜插在斜纹软呢的上衣口袋里,笑眯眯的看着我,一脸认真的表情。
 「でもそれじゃ危くってしようがないだろう」と僕は言った。「どこかに深い井戸がある、でもそれが何処にあるかは誰も知らないなんてね。落っこっちゃったらどうしようもないじゃない か」

“那不是很危险的吗”我说道。“在某个地方有一深井,没有人知道它在哪里万一掉下午不就完了?”
 「どうしようもないでしょうね。ひゅうううう、ボン、それでおしまいだもの」

“会有办法的,咻——嘭,然后一切结束”
 「そういうのは実際には起こらないの?」

“实际上真会发生这种事?”
 「ときどき起こるの。二年か三年に一度くらいかな。人が急にいなくなっちゃって、どれだけ捜してもみつからないの。そうするとこのへんの人は言うの、あれは野井戸に落っこちたんだって」

“时常发生。大约两年或者三年会发生一次,就会有人突然消失。怎么都找不到,这附近的人都说是掉进那个井里的。”
 「あまり良い死に方じゃなさそうだね」と僕は言った。

“这似乎不算一个好死法”我说
 「ひどい死に方よ」と彼女は言って、上着についた草の穂を手う払って落とした。「そのまま首の骨でも折ってあっさり死んじゃえばいいけれど、何かの加減で足をくじくくらいですんじゃったらどうしようもないわね。声を限りに叫んでみても誰にも聞こえないし、誰かがみつけてくれる見込みもないし、まわりにはムカデやクモやらがうようよいるし、そこで死んでいった人たちの白骨があたり一面にちらばっているし、暗くてじめじめしていて。そして上の方には光の円がまるで冬の月みたいに小さく小さく浮かんでいるの。そんなところで一人ぼっちでじわじわと死んでいくの」

“很惨哩!”她说道,一边用手拂去黏在上衣上的草屑。“如果说就这么摔断脖子死了也就算了,万一只是挫了腿,那可就糟了。即使扯破喉咙也没有人会听见,没有人会找到你,蜈蚣、蜘蛛在一旁蠕动着,从前不幸死在那儿的人的骨头零星散布,四周阴阴湿湿地。只有小小的一道光圈仿佛冬月一般浮在头顶上。你就得一个人孤单地慢慢死去!” 

「考えただけで身の毛がよだつた」と僕が言った。「誰かが見つけて囲いを作るべきだよ」

“光想就汗毛直立”我说了。“应该找到然后做个围墙。”
 「でも誰にもその井戸を見つけることはできないの。だからちゃんとした道を離れちゃ駄目よ」

“谁也没有去找那口井,所以不能走的离马路太远。”
 「離れないよ」

“不会的”
 直子はポケットから左手を出して僕の手を握った。「でも大丈夫よ、あなたは。あなたは何も心配することはないの。あなたは暗闇に盲滅法にこのへんを歩きまわったって絶対に井戸には落ちないの。そしてこうしてあなたにくっついている限り、私も井戸には落ちないの」

直子从口袋里伸出左手,握住我的手。“不过没关系,你呢,你不用什么都担心。就算黑夜在这里盲走,你也绝对不会掉进井里的。只要跟进你,我就不会掉下去。”
 「絶対に?」

“绝对?”
 「絶対に」

“绝对”
 「どうしてそんなことがわかるの?」

“你为什么知道这个事情?”
「私にはわかるのよ。ただわかるの」直子は僕の手をしっかりと握ったままそう言った。そしてしばらく黙って歩きつづけた。「その手のことって私にはすごくよくわかるの。理屈とかそんなのじゃなくて、ただ感じるのね。たとえば今こうしてあなたにしっかりとくっついているとね、私ちっとも怖くないの。どんな悪いものも暗いものも私を誘おうとはしないのよ」

“我知道啊,就知道的啊”直子紧紧握着我的手说道。就这样暂时沉默走了一段。“我非常明白那样的事情。没什么理由,就只是感觉,比方说现在和你一起走,就一点也不害怕,不管多黑暗多坏的东西都引诱不了我。”
「じゃあ話は簡単だ。ずっとこうしてりゃいいんじゃないか」と僕は言った。

“那还不简单,不能一直这样吗?”我说
「それ――本気で言ってるの?」

“那个——说真的吗?”
「もちろん本気だ」

“当然真的了”
 直子は立ちどまった。僕も立ちどまった。彼女は両手を僕の肩にあてて正面から、僕の目をじっとのぞきこんだ。彼女の瞳の奥の方ではまっ黒\な重い液体が不思議な図形の渦を描いていた。そんな一対の美しい瞳が長いあいだ僕の中をのぞきこんでいた。それから彼女は背のびをして僕の頬にそっと頬をつけた。それは一瞬胸がつまってしまうくらいあたたかくて素敵な仕草だった。

直子站住了,我也站住了。她把两只手放在我肩膀上,从正面凝视着我的眼睛。在她的瞳孔的深处,漆黑浓重的液体描绘着不可思议的图形的漩涡。当这样一对美丽的瞳孔看着我很久。然后她踮起脚,轻轻地将脸颊放在我脸颊上。那个动作,一刹那胸口很温暖。
「ありがとう」と直子は言った。 

“谢谢”直子说。
「どういたしまして」と僕は言った。 

“不客气”我说。
「あなたがそう言ってくれて私とても嬉しいの。本当よ」と彼女は哀しそうに微笑しながら言った。「でもそれはできないのよ」

“你那样说我非常高兴。真的”她哀切的边微笑边说。“但是,那是不可能的”
「どうして?」 

“为什么?”
「それはいけないことだからよ。それはひどいことだからよ。それは――」と言いかけて直子はふと口をつぐみ、そのまま歩きつづけた。いろんな思いが彼女の頭の中でぐるぐるとまわっていることがわかっていたので、僕も口をはさまずにそのとなりを黙って歩いた。 

“那个不能那样做。那样太过分了。那是——”刚开口,直子突然闭口不谈,就这样继续走路。因为知道各种各样的东西在她脑袋里运转着,我也不插话,只是默默地走在她旁边。
「それは――正しくないことだからよ、あなたにとっても私にとっても」とずいぶんあとで彼女はそうつづけた。 

“那个—错的,对你对我来说都是”过了一会儿她继续说道
「どんな風に正しくないんだろう?」と僕は静かな声で訊ねてみた。
“怎么个错法?”我用平静的声音问道

分类: 日语
全部回复 (5)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团