2015.05.12【日译中】.hack//bullet——让“欲望之鼠”淹没世界吧!第七章 netslum 8

发表于:2015-05-12 19:04 [只看楼主] [划词开启]

「……それだけか?」

“……只有这些吗?”

 

「それだけだ」

“只有这些。”

 

「はあん? ずいぶんざっくりした内容だな」

“哈?内容相当粗略啊。”

 

いくぶん拍子抜けしながら情報屋は言った。

情报贩子多少有些扫兴地说道。

 

「コンピュータ・ウィルスがどうこうって話なら『R1』の大昔から腐るほどある。鼠とかガイストってのは、モンスターのことか? そうだな、鼠についてなら、『モンスター街侵入』のイベントが近々ある。海棲の巨大ネズミモンスターがマク・アヌを襲うってシナリオだ。そういうのをお求めなのかい?」

“要说电脑病毒怎么着了的话从“R1”的很久以前开始就堆得快臭了。老鼠和盖斯特什么的,是指的怪物吗?说起来,关于老鼠的话,最近有一个'怪物入侵街道'的活动。是栖息在海中的巨鼠怪将会袭击马克阿奴的剧本。你想知道的是这个吗?”

 

「違う。俺がほしいのはもっとヤバイやつだ」

“不对。我想知道的是更加危险的信息。”

 

「どの程度」

“危险到哪种程度?”

 

「リアルで死人が出る」

“到现实中有人死掉的程度。”

 

相手の答えにぎょっとした。

听到对方的答案情报贩子一惊。

 

「……ま! もののたとえだけどねぇ」

“……麻!这只是举个例子吧?”

 

情報屋は思わず声をひそめた。

情报贩子不假思索地降低了音量。

 

「おい。本当にヤバイ話は困るぜ……。そういうのに関わるのは、俺のスタイルじゃねえ」

“喂,真正危险的事我会为难的……知道危险还去掺一脚不是我的作风。”

 

「大丈夫だ」

“没关系的。”

 

と、フリューゲルは力強く言った。

弗里由盖尔坚定地说道。

 

「本当はヤバクない」

“其实一点也不危险。”

 

「いや。今ヤバイって言ったじゃねぇか……」

“不,你刚才不是说过危险的吗……”

 

「ヤバイけどヤバクない。少しヤバイ」

“虽然危险但并不危险。有一点危险。”

 

「どっちだよ!」

“到底是哪边啊!”

 

フリューゲルはコーヒーカップを手にとって『口元に運んですするモーション』をした。

弗里由盖尔手持咖啡杯,作出“移动到嘴边抿了一口”的动作。


本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团