2015.05.12【日译中】アグニの神(五)-②芥川竜之介「短篇小説」

a139111 (コエイ) 译译生辉
36 6 0
发表于:2015-05-12 21:17 [只看楼主] [划词开启]

アグニの神

 

芥川あくたがわ 龍之介りゅうのすけ


)-②



遠藤は鍵穴に眼を当てたまま、婆さんの答を待っていました。すると婆さんは驚きでもするかと思いの外、憎々しい笑い声を洩らしながら、急に妙子の前へ突っ立ちました。

 

远藤眼睛对着钥匙孔,等待着老巫婆的回答。于是,本以为老巫婆会大吃一惊,然而老巫婆却流露出让人厌烦的笑声,突然站在了妙子的面前。

 

「人を莫迦にするのも、好い加減におし。お前は私を何だと思っているのだえ。私はまだお前に欺される程、耄碌はしていない心算だよ。早速お前を父親へ返せ~警察の御役人じゃあるまいし、アグニの神がそんなことを御言いつけになってたまるものか」

 

“拿我当傻子,你也该适可而止了。你把我当什么了?我还不至于到老眼昏花被你所蒙骗的程度哦!快点把你送回到父亲那里~火之神也不是警署的官差,才不会预言那种命令呢。”

 

婆さんはどこからとり出したか、眼をつぶった妙子の顔の先へ、一挺のナイフを突きつけました。「さあ、正直に白状おし。お前は勿体なくもアグニの神の、声色を使っているのだろう」

 

巫婆不知从哪掏出把刀,摆在闭着双眼的妙子脸旁说:“好了,老实交代,你很擅长模仿火之神的声色是吧!”

 

さっきから容子を窺っていても、妙子が実際睡っていることは、勿論遠藤にはわかりません。ですから遠藤はこれを見ると、さては計略が露顕したかと思わず胸を躍らせました。が、妙子は相変らず目蓋一つ動かさず、嘲笑うように答えるのです。

 

虽说一开始就在偷窥,但实际上远藤并不知道妙子在熟睡。所以看到这一幕的远藤,原以为计划泡汤了,不禁的情绪激动了起来。但妙子眼皮依旧一眨不眨的,用嘲讽的口吻回答说

 

「お前も死に時が近づいたな。おれの声がお前には人間の声に聞えるのか。おれの声は低くとも、天上に燃える炎の声だ。それがお前にはわからないのか。わからなければ、勝手にするが好い。おれは唯お前に尋ねるのだ。すぐにこの女の子を送り返すか、それともおれの言いつけに背くか~」

 

“你也临近死期了。我的声音你能听成人类的声音么!我的声音很低,是天上燃烧的炎之音。你是不知道么?知不知道随你便。我只是来询问你。是要马上把这个孩子放了?还是要违背我所说的?”

 

婆さんはちょいとためらったようです。が、忽ち勇気をとり直すと、片手にナイフを握りながら、片手に妙子の襟髪を掴んで、ずるずる手もとへ引き寄せました。

 

老巫婆好似稍许犹豫了一下,但马上重整旗鼓,一只手攥着刀,另一只手抓着妙子的后脖劲儿,一点点的拉到身边。

 

「この阿魔め。まだ剛情を張る気だな。よし、よし、それなら約束通り、一思いに命をとってやるぞ」

 

“你这个臭婊子!还如此顽抗啊!好!好!就按照之前说好的,给你做个了断!”

 

婆さんはナイフを振り上げました。もう一分間遅れても、妙子の命はなくなります。遠藤は咄嗟に身を起すと、錠のかかった入口の戸を無理無体に明けようとしました。が、戸は容易に破れません。いくら押しても、叩いても、手の皮が摺り剥けるばかりです。

 

    老巫婆举起了刀子。稍微迟一点,妙子大小姐就没命了。远藤赶忙起身后,想要强行的将上锁的房门打开。但门没有那么容易就打开。不管怎么推,怎么敲,手都擦破皮了。



----------------------------------------------------------------------------------------------



最后编辑于:2015-05-12 21:18
分类: 日语
全部回复 (6) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团