2015.05.12【日译中】太陽の坐る場所 第一章 1 (30句)

fanlyP (凉粉) 译犹未尽
41 11 2
发表于:2015-05-12 22:35 [只看楼主] [划词开启]

太陽の坐る場所太阳坐落之处

【著者】辻村 深月

手打搬运,请勿随意转载

仅作学习交流用,版权归原作者所有


出席番号二十二番――半田聡美

座号22号——半田聪美


「あんなの大した仕事じゃないけどさ」

“那不是有多了不起的工作。”

「紗江子が真崎に頼んでくれたんだよー」

“那是沙江子拜托真崎做的哦。”

自慢とも謙遜ともつかない口調で言う真崎の横から、貴恵が微笑んだ。それを聞いて、聡美が尋ねる。

真崎身边的贵惠用听不出是得意还是谦虚的口气笑着说。听到这话,聪美问:

「今日、紗江子ちゃんは?」

“今天沙江子没来啊?”

「仕事、仕事。来る予定だったんだけど、急に都合つかなくなったんだって。貴恵のとこに連絡があった」

“工作,工作。本来说好会来的,她联络贵惠说是突然有事空不出时间来了。”

「本当は私、このままサエの家に泊まる約束だったんだけど、だから今日は最終電車でF県に日帰り」

“其实我本来和沙江子约好了今晚住她家,所以今天只能坐末班电车回F县了。”

残念そうに、けれどおっとりとした声で貴恵が呟く。でもいいの、と。

贵惠一副很遗憾的样子,而又落落大方地喃喃说:“不过没关系啦。

「外泊すると、旦那も類もうるさいし。丁度良かったのかも」

“在外留宿的话,我家那位和类又该唠叨了。这样正好。”

類というのは、彼女の娘だか息子の名前だ。性別を昨年のクラス会で聞いたはずだが、うる覚えだった。最近の子供は名前の響きだけでは性別がわからないし、由来だって謎なものが多い。そして、自分のかつてのクラスメートがそんなその他大勢の一つをつける親になる年齢なのか、と、少なからずショックを受ける。

类是她女儿还是儿子的名字。聪美在去年的同学会上听说过性别,但现在已经记不清了。最近的小孩起的名字,光听发音是很难判别性别的,而且有很多都无法追究它的由来。一想到自己的老同学也到了为孩子取了众多怪名之一的父母的年龄,聪美受了不少打击。

「そんなこと言わないで、俺とこのままどっか泊まっちゃおうって、貴恵」

“别这样说,就跟我找个酒店住下嘛,贵惠。

真崎が言う。本気とも冗談ともつかない間合い。まるきりふざけているかと思えば、相手が乗ってくるなら、それで構わないという、細かい罠を仕掛けるような。

真崎用让人难以判断是认真还是开玩笑的语气说。就像一个周密的圈套,听着像纯粹的玩笑,但如果对方把它当回事,那也没关系。

彼も相変わらずなら、それを「やだよぉ」とかわす貴恵も馴れたものだ。

若说他还是老样子,用一句“才不要”躲开的贵惠应该也习惯了。

「そりゃそうと」                  

“那倒是。

短くなった煙草を灰皿の上で潰しながら、不意に真崎が言った。いったんは完全に逸れたと思ったものの、やはり話題は同じところに戻ってくる。

真崎将烟头放入烟灰缸熄灭,突然回了这么一句。原以为话题已经完全跑偏,但最终又绕回了正题。

彼の顔が、完全な地元組で構成された部屋の奥の一団をちらと見る。何気なくそうしたのだろうけど、はっきりとそこに目がいった。そして、それ自体にはさして深い意味はないのだというようにすぐに目線を伏せ、先を続けた。

他朝包厢最里头完全由老乡组组成的那群人瞄了一眼。虽然看似是不经意的动作,但目光确实看向了那里。然后他像是宣示那一眼并没有多大意义般,很快垂下视线,继续说:

「結局、今年も来なかったな。キョウコ」

“今年KYOKO终究还是没有来呢。”

さっきの島津と同じように、彼もまた彼女の名前をそう呼んだ。

和刚刚的岛津一样,他也这么称呼她。

 

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (11) 回复 反向排序

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团