2015.05.13【日译中】ようこそ我が家へ 第一章 現代ゲーム私論 「19句

草莓巧克力卷 (林子【リンコ】) 译译生辉
121 4 2
发表于:2015-05-13 12:47 [只看楼主] [划词开启]

「いえ、帳簿そのものが正しいかどうかはまだ……」

倉田は少ししどろもどろになってこたえた。こんなところを摂子に見られたら、軽蔑されるだろうと思いつつもどうしようもない。そもそも喧嘩腰でやり合うという性格ではないし、相手が間違っているとは思うがそれを認めさせるほどの強引さもない。この会社に来てまだ日が浅いということもある。有するに小心者である倉田は、自分ではあまり認めたくないが、少々気後れしていた。真瀬はそんな倉田の弱さを知っていて、畳みかけてくる。

不,关于账本是否正确还未··”仓田有点语无伦次地回答着。要是被摄子看见会被她鄙视的吧,仓田虽然这样想着倒也无可奈何。原本就不是会跟别人硬来的性格,感觉对方弄错了,也不会强制要求别人去确认。可能也有是因为刚来这个公司没多久。总而言之,小心谨慎的仓田多少有些畏缩,虽然他自己不想承认。真濑桑正是知道仓田的这个弱点,才一个劲地炮轰着。

「いい加減にしてほしいな」

営業部長の権威を示すかのように、真瀬は立ち上がって腰に手を当てた。そうすると、倉田を見下ろすようになる。見栄えのいい男というのは、こういうとき得だ。一方の倉田は、線の細そうな青白い顔に痩けた頬でみすぼらしい。端から見れば、貴族と百姓である。もっとも真瀬の親は会社経営の資産家だと聞いたことがあるし、倉田の祖先は正真正銘のどん百姓だから、そういう喩は、世が世ならまんざら間違ってもいないかもしれない。

“我希望你可以适可而止。”

像是在展示营业部部长的威严,真濑站起来叉着腰。这样一来就变成在俯视仓田了。对于如此虚荣的男人来说这种时刻就是赚到了。另一方面,仓田的脸像线一样细长又苍白,脸颊也很消瘦,脸色很差。极端来看的话,就是贵族和百姓。原本就听说真濑的父母是经营公司的资产家,仓田的祖先是地地道道的老百姓,这样的比喻虽说很顺,但也并非没有错的可能性。

「こっちはタダでさえ忙しんだから、文句があるんなら調べるべきことをきちんとやってからきてくれ。それとも、あんだがオレの代わりに営業してくれるっていうんなら別だけどな」

“我这边虽然很普通但是也很忙啊,如果你有什么抱怨的话,能把该调查的都调查清楚了再来吗?。或者说,如果你能代替我做营业工作的话那倒是无所谓。”

真瀬は、横柄な口を利いた。それに対して、倉田は反論できなかった。理不尽とは思っても、腹が立つといいたいことの十分の一もいえないのが倉田の性格なのだ。

真濑傲慢地说着。与之相对应,仓田没有反驳。就算觉得很荒唐,仓田的性格就是生气时想说的事情,十分之一都不会说。

挙げ句、「そうですか。じゃあもう一度こちらでも調べますから」という一言で引き下がってくる。

“这样啊。那我再去调查一下。”结果,就以这样的一句话作罢了。

分类: 日语
全部回复 (4)

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团