2015.05.13【日译中】东方补全计划~第五弹 东方project 小说卷——儚月抄 第三集(6)

yangf2014 (不灭孽蜥) 译译生辉
11 2 0
发表于:2015-05-13 14:43 [只看楼主] [划词开启]

だが一つ気がかりな事があった、彼を地上に帰して三年间も何処に行っていたのかを问われれば、彼はここで过ごした経験を语るだろう。そうすれば竜宫城——月の都に兴味を持つ者が出てくるかもしれない。それは月の都のピンチを招きかねないのでは无いか。

但是有一件事我很在意,当他被问到这三年在哪里时,肯定会说出在月之都度过的经历吧。那样的话,就会有人对龙宫——月之都产生兴趣也说不定。 那样很可能会给月之都招来危险。

私は八意様に全てを打ち明け、そしてどうすればよいのかを相谈した。意外にも八意様は人间を匿っていた事に関しては何も怒りはしなかった。

我向八意大人坦白了一切,并问她该怎么做才好。八意大人很意外地并没有对我把人类偷偷藏起来这件事发火。 

八意様は即断で〝そのような人间は亡き者にするのが一番です。海に出てから三年も姿が见えなければ、地上では死んだ者として扱われてるでしょう。大体、地上から来た生き物を兴味半分で匿うからその様な事态に陥ってしまうのですが……〟と言った。

 八意大人立刻作出判断说道:“处决那个人类是最好的。出海三年还没有回去,地球上应该已经把他当做死者了吧。大致上,出于一时的兴趣将从地球来的生物藏匿起来,就会变成这样的事情······”

「そうそう、筒川大明神ね。あんな欲深き凡庸な人间を神として祀っているなんて、私达から见たら滑稽ですけどね」 

对哦对哦,筒川大明神呢。那样欲望深厚的人类作为神被祭祀,在我们看来还真是滑稽。

「八意様は即断で杀せって仰ってたけど、流石にそれは可哀相だしねぇ」

八意大人认为应当杀掉他,祭祀他,但是我果然还是觉得那样太可怜了。

私は流石に自分が匿った所为という事もあり、とても杀す気にはなれなかった。妹も同様であり、やはり杀す気にはなれなかった。

我果然还是无法因为自己将其藏匿而愿意杀他。妹妹和我一样,也并不想杀他。

仕方が无くそれ以外の良い方法は无いのですかと讯いてみた。そうすると八意様は微笑んで〝勿论ありますよ、贵方达は优しいのね〟と言って、别の案から最善なものを教えてくれた。 

不得已我询问除此之外还有没有别的好办法呢?八意大人对我的问题微微一笑说:“当然是有的,你们还真是善良啊。”这么说着,告诉了我们别的最好的办法。

别の案とは、『水江浦嶋子を覚えている人间が存在しない时代に送り返す』という物である。つまり、竜宫城と地上では时间の流れが百倍近く违うという事にし、三百年后の地上へ送り返すという物だった。

这个办法就是“把水江浦岛子送往没有任何记得他的人的时代”。也就是说,能让龙宫和地球的时间流逝相差近百倍,将其送往三百年后的东西。

当时の私达は何故その案が最善なのかはよく判っていなかった。自分の事を知っている人间が谁も居ない世界に送り返されたら、人间は途方に暮れるだろうし、竜宫城の事を皆に言いふらす事には変わりないのではないか。だが、八意様は间违った事を言わないのである。私达は絶対の信頼を置いていた。だからその案を采用する事にした。

当时我们并不明白为什么那样的方案是最好的。把他送往没有认识自己的人的世界,那人在穷途末路之下不也会宣扬龙宫的事情吗?但是,八意大人的话是不会错的。我们绝对信赖八意大人并照做了。

三百年后の地上に送り返す为には、まず彼を人工冬眠(コールドスリープ)させる必要があった。私达は千五百年以上前の当时の最先端の医疗技术であった人工冬眠を施し、そのまま三百年ほど眠らせた后に地上に帰す事にした。まさか三百年后になる前に、八意様との突然の别れがあるとは思っていなかったのだが……。 

要将他送往三百年后的地球,首先要把进行“人工冬眠”。我们用了一千五百年前当时最先进的医疗技术对他进行人工冬眠,过了三百年后再将他送往地球。没想到三百年还没到,八意大人就突然不辞而别了······

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团