2015.05.13【日译中】魔法科高校の劣等生 05 夏休み編+1 - 夏の休日 03(15句)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
21 5 0
发表于:2015-05-13 18:02 [只看楼主] [划词开启]

 何かを思い出しているような表情は、以前に雫の父親同伴でバカンスを過ごした時の記憶が蘇っているに違いなかった。それはもしかしたら、今話題になっている別荘でのことかもしれない。

穗香一副若有所思的表情,一定是以前和雫的爸爸一起过长假的时候的记忆又复苏了的缘故。那说不定是关于在现在话题中的别墅的事。


『安心して。顔を見せるのは最初だけ。なんか、仕事が山積みで、数時間空けるだけで精一杯みたいだから』

“放心吧,只有刚开始的时候才会和他见面。好像是因为工作堆积如山,仅仅腾出几小时就已经竭尽全力了的样子。”


 ほのかの何かに怯えるような表情は、雫の説明で安堵に緩んだ。一体何があったのか、深雪の中で好奇心が頭をもたげたが、質問の優先順位を見失うほどではなかった。

穗香似乎畏惧着什么的表情在听到雫的话之后缓和了下来。到底发生了什么事——虽然深雪的心中升起了好奇,但还不至于搞错质问的先后顺序。


「わたしは構わないけど……何時《いつ》にするの?」

“虽然我无所谓……但是何时过去呢?”


『決めてない。達也さんの都合の良い時で、って思ってる』

“还没决定下来。我觉得就看达也什么时候方便吧。”


 表情で「お兄様のご都合を伺わないと」と付け加えた深雪に、雫は実に良く理解している答えを返した。

对面带“我必须问问哥哥方不方便”表情的深雪,雫非常能够理解地回答道。



    ◇ ◇ ◇


「……ということなんですが」

“……事情就是这样的。”


 達也がこの話を聞いたのは、次の日の朝食の後だった。

达也听说这件事的时候,已经是在第二天吃完早饭后了。


 まず最初に、「夜中までそんな話で盛り上がっていたのか」と達也は思ったが、口にしたのは当然、別のことだ。

尽管达也首先心想的是“深更半夜的原来是在聊这个话题”,但从口中说出的当然是别的话。


「メンバーは雫とほのかと俺たちだけかい?」

“成员就只有雫、穗香和我们吗?”



声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。

分类: 日语
全部回复 (5)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团