2015.05.13【日译中】太陽の坐る場所 第一章 2 (30句)

fanlyP (凉粉) 译犹未尽
26 9 1
发表于:2015-05-13 21:09 [只看楼主] [划词开启]

太陽の坐る場所太阳坐落之处

【著者】辻村 深月

手打搬运,请勿随意转载

仅作学习交流用,版权归原作者所有


出席番号二十二番――半田聡美

座号22号——半田聪美

2

 

キョウコを初めてテレビで見た時の聡美の衝撃ときたらなかった。あんな驚き。あんな気持ちの動き。

聪美第一次在电视上看到KYOKO时,那种震惊,那种情绪的波动简直无法形容。

前のシリーズが好評だった、本格派を謳った医療ドラマの第二弾。それを何気なくつけっぱなしにしていたら、その中に取り澄ました顔の彼女が急に登場した。一瞬、何かの見間違いじゃないかと思った。その顔が、高校二年と三年を同じ教室で過ごした、かつてのクラスメートの顔に他ならなかったからだ。

那是上一系列大受好评的、标榜本格派的医疗剧的第二弹。聪美无意中转到那一台看着,画面中突然就出现了表情正经的她。有那么一瞬间,聪美甚至怀疑自己看错眼了。因为那张脸的主人明显就是高中二三年级在同一个教室学习的老同学。

ブラウン管の中の彼女は、素のままだった。華美なメイクも、ダイエットや整形の形跡もない、完全な昔のままの姿で立っていた。

电视机里的她还是原来素净的她。没有华美的妆容,也没有减肥或者整形的痕迹,完全就是曾经的模样。

昔から、整った顔をしている方だとは思っていた。けれど、そこまで美形だと思わなかったし、姿勢がいいとは思ったけど、取り立てて痩せているとかスタイルがいいとも思わなかった。けれど、画面の彼女はほかの俳優や女優に見劣りすることもなく、よく笑い、よく泣き、主人公の同僚役を堂々とした物腰で勤めてあげていた

聪美从以前就觉得她五官长得挺端正,但并未觉得她特别漂亮出众。也觉得她的仪态很好,但也不觉得她身材清瘦高挑。可是,画面中的她丝毫不输于其他男女演员,她开怀大笑,尽情哭泣,以大方正派的举止演活了主人公的同事这一角色。

呆然としながら、聡美は、そういえば私はこの子がこんなによく笑うところも泣くところも、高校時代一度として見たことがなかった、と思い至った。

聪美一脸愕然,想起了自己在高中时期,从未看到过她曾这样开怀大笑或者尽情哭泣。

あの頃の彼女は冷静だった。

那个时候的她是冷静的。

流されなかった。

不随波逐流。

多分、一度として。

大概,连一次都没有

携帯電話は鳴り出す。はっとして、我に返る。着信は水上由希からだった。声が興奮している。たまたま同じ番組を見ていたらしかった。

电话响了。聪美猛然回神。是水上由希打来的。声音很激动。好像是碰巧看了同一个节目。

「テレビ、見て。十三チャンネル!」

“快看电视。十三频道!”

「今、見てる」

“我在看。”

空気が満足に吸い込めない。無理矢理、スローテンポな穏やかな声を作り上げる。

无法顺畅呼吸。她勉强用缓慢平静的声音问:

「――ちょっと、見ていてもいい?」

“——我们看完再聊好吗?”

ドラマの終盤が近づいていた。一方的に話す由希の声を右耳のわきで聞きながら、流れるスタッフロールの文字を食い入るように見つめる。そこに映し出された女優の名前を確認して息を呑む。キョウコ、とある。電話の向こうで由希の声がますます高くなった。

电视已接近尾声。聪美用右耳听着由希自顾自说的声音,双眼盯着画面中滑动的工作人员名单。看到画面中的女演员的名字时,她倒抽了一口气——KYOKO电话那头,由希的声音越发高昂激动了。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (9) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团